\ フォローしてね /

「謝る+理由+謝る」で相手と仲直りをするコツ

あなたのヤツアタリで、彼までご機嫌ナナメになってしまった。お互いにギスギスして、浮気されそうで心配になっています。

こんな時どうしますか?

  • 1: 「謝る」
  • 2: 「泣きつく」
  • 3: 「おだてる」

選んでから、先を読んでくださいね。

「ワケが分からない」と不安や不満が急上昇

「たとえ実害を受けても、理由があると分かれば、怒りはやわらぐ」という法則があります。

想像してみてください。待ち合わせ相手が遅刻したとします。

「遅刻してごめん」
と理由なしでいくら謝られても、あなたの不安はドンドン膨らみますよね。
「遅刻してもいいくらいに自分がナメられているのでは?」
という不安です。

一方

「電車が遅れてしまって……」
という理由が付くとガラリと変わります。

「自分が軽んじられているわけではない」

と分かるからです。

謝る+理由+謝る

さらに、もうひと押しの最終奥義を伝授しましょう。それは「C線上のアリア」。理由の前後を謝りの言葉で挟むのです.

「遅刻してごめん」(謝る)
 ↓
「電車が遅れてしまって時間に間に合わなかった」(理由)
 ↓
「本当にごめん!」(謝る)

どうですか?

最初のごめんは、気持ちをやわらげて理由を聞いてもらうため。次のごめんは、相手をナメてませんよという念押しです。

つまり、
- 「C」hikoku(遅刻)してしまったときに
- 「ア」やまって
- 「リ」ゆうを言って、また
- 「ア」やまる

これこそが「C線上のアリア」!我ながらいいネーミングだと思いいます。え、違いますか。そうですか。すみません。

「気持ちをやわらげる&ナメていません」の2つのごめんで一挙解決

遅刻以外にもこの方法は使えます。その応用として、冒頭の質問を考えてみましょう。

『ヤツアタリでカレまでご機嫌ナナメになってしまった』こんな場合も、「ごめんね」という言葉で、「理由」を挟んであげればOKです。

次のようなセリフはどうでしょうか

「ごめんね」(謝る)
 ↓
「今,情緒不安定なのかも」(理由)
 ↓
「あたしもこうなりたくないんだけど…」(自分の気持ち)
 ↓
「本当にごめん」(謝る)

この言葉を聞いたカレは「自分が軽んじられているのではない」と知り納得します。あなたの事情への理解も進むでしょう。

こんな風に、すき間風を乗り越えて、ステキなふたりになってくださいね。

あなたのタイプは?

では冒頭の質問。

1:「謝る」

と答えたあなたは理性的ですぐ謝るタイプだと思います。あなたなら、ケンカすることも少ないのではないでしょうか。お嫁さんにしたいナンバーワンです。ステキです!

2:「泣きつく」

と答えたあなたは感情的で甘えん坊なタイプではないでしょうか。

確かに、男性は女性の涙に弱いですが、理由を話さなければ、カレも困ってしまうでしょう。そんな説明不足なあなたは、きちんと理由を的確に伝えるようにするといいでしょう。ガンバです!

3: 「おだてる」

と答えたあなたは、かなりおだて上手だと思います。

ある意味、謝る必要もなくカレをうまくコントロールできるかもしれません。恐ろしい子!

(Photo by http://www.ashinari.com/2011/07/23-037381.php?category=265)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。