1. 暮らし
    2. 結婚式のご祝儀の金額とマナー

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    結婚式のご祝儀の金額とマナー

    ご祝儀の金額は「2で割れる」偶数を避け、新札を包むのが基本です。ただし、2はペア、8は末広がり、10はキリの良い数字のため、問題ないとされています。

    国際結婚の場合などはその国ごとのルールがあると思います。それに従うようにしましょう。

    親類などに送る場合は、親類内で金額の取り決めをしていることもあるので、よく聞いてからにしましょう!

    結婚式の祝儀の相場

    披露宴に出席 欠席
    上司 3~5万円
    同僚 2~3万円
    部下 2~3万円
    兄弟 5~10万円
    おい・めい 5~10万円
    いとこ 3~5万円
    その他の親類 3~10万円
    友人・知人 2~3万円
    夫婦2人連名の場合であっても、2倍の金額をつつむ必要はありません。披露宴出席の場合1人2~3万の間柄なら「5万」か「5万+プレゼント」が一般的です。

    祝儀袋の選び方

    結婚祝いの水引きは結び切りに

    結婚視いの水引は、十本の結び切りにします。色は金銀、紅白、金紅などがふつう。近ごろピンクや若草色などもありますが、格式からいえば金銀が上です。

    また視儀袋は、中の金額に見合ったものを使う習慣の地方も多いので注意しましょう。

    表書きは「寿」「御祝」「御結婚祝」など。文字は必ず筆か筆ペンで濃く書きます。

    薄い文字は弔事用とされているので気をつけましょう。

    中包みのルール

    金額は、中包みに明記します。なお、包むお金はなるべく新しくきれいな紙幣を使うようにします。

    表面には包んだ金額を、裏面左下には住所と名前を書きます。金額は旧字体で書きましょう。

    • 一→壱
    • 二→弐
    • 三→参
    • 五→伍
    • 十→壱拾
    お札は祝儀では、顔が表になるように入れます。不祝儀は顔が裏向きなので間違えないように注意しましょう!
    このライフレシピを書いた人