1. コミュニケーション
    2. 転職を考えた時に、一度立ち止まって考えてほしいこと

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    転職を考えた時に、一度立ち止まって考えてほしいこと

    学校を卒業して、働きたいと思う会社を見つけて、その会社に縁があって入ってはみたものの、何らかの事情で転職を考える場合もありますね。

    でも、あまり考えもなく転職ばかり繰り返していても、身につく物はあまりないばかりか、こらえ性のない人という印象になってしまい、次の転職にも不利になってしまいます。

    お付き合いしている相手がいるのなら、その人も不安に思うかもしれませんし、もしも今特別な相手がいない場合は、相手を見つけるのにも不利に働くかもしれません。

    そこで、転職を考え始めた時に、一度立ち止まって考えてほしいことを挙げておきます。勢いで退職願を出す前に、是非今一度考えてみてください。

    何故やめたいのかをつきつめて考える

    まずよく考えたいことは、何故今の仕事をやめたいのかという点です。ちゃんと考えることで、今悩んでいることをしっかり理解することが出来ます。

    その結果、やめなくても対処できる場合も出てくるかもしれません。

    気の合わない人がいる

    会社に気の合わない人がいて、その人に会うのが憂鬱であるということは、とてもよくあることだと思います。

    他人事として考えれば、「そんなこと」と済ませてしまいたくなりますが、これは相手と自分の立場などによってはかなり重たい事実になる場合もあると思います。

    なので、ただ憂鬱である程度なら、どこの会社にも気の合わない人はいる、次はもっと自分の勤務内容に関わる立場の人がそうかもしれないと、自分に言い聞かせてみましょう。

    相手が自分の上司などで、どうしても考え方が合わない、この人とはやっていけないと思う場合、または会社の人間関係で自分の人としての尊厳が損なわれると思う場合は、すっぱり辞めましょう。

    仕事内容が合わない

    働き始めたばかりの社会人の多くが、ここは自分のいる場所ではないという気持ちを抱くようです。

    でも、会社はいろんな仕事で成り立っていますので、一見くだらないように思える仕事にも必ず意味があります。数年は雑用的な仕事に甘んじながら仕事を覚えるのも大切でしょう。

    また、仕事で自分のやりたいことを実現している人なんて、実はほんのわずかです。仕事はお金を得る手段と割り切って、休みの日に趣味を充実させるという生き方を選ぶのもいいでしょう。

    他にやりたいことが明確になっていて、それに向けて足場をしっかり固めているのでなければ、まだ動くのは時期早尚かもしれません。

    勤務条件が悪い

    これは確かに辞めたくなるかもしれません。でもこのご時世、どこの企業も厳しいので、表向きの顔と内部向きの顔が違う場合は多々あります。

    他の企業はどうなのか?今の会社を辞めれば解消されることなのか?よくリサーチしてから動くことをお勧めします。

    次の仕事のアテはあるのか?

    今は誰でも知っている不況の時代。新卒でも求人がなくて困っている時代に、転職で今までよりもいい条件の仕事を見つけるのは、結構大変なことだと思います。

    あなたが特殊な才能や技能を持っていて、キャリアアップで転職するような場合なら別ですが、そうでないのなら、必ず辞めてしまう前に転職活動をはじめて、現状を把握しておきましょう。

    辞めてはみたものの、次のアテもなく、結局は今まで以上に悪条件で働いたり、フリーターになってしまうような結果もありえますよ。

    おわりに

    いい仕事に巡り合えますように。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人