\ フォローしてね /

最低限そろえたい!はじめてのお料理グッズ選び

このライフレシピのもくじたたむ

実家を出て、はじめて一人暮らしを始めようという時、こんなにいろんなものがいるんだ!とビックリする人も多いのではないかと思います。キッチンで使うお料理グッズだけでも、必要最低限のものだけに絞っても、結構な数が必要になってきます。

そんなはじめての一人暮らしのために、最低限そろえたい、はじめてのお料理グッズをご紹介します。

その1:料理器具

フライパン

大きさが色々ありますが、比較的万能な26センチの物がお勧めです。合わせて蓋も買っておきましょう。焦げ付きにくいマーブルコートなどのコーティング品にするか、鉄製にするかはお好み次第です。

こちらは、ちょっとあたためる時用のミルクパンと、ちょっと大きめ、26センチ程度の2つがあるとよいでしょう。どちらも、お手頃なアルミ製の行平鍋でもOKです。やかんやボウルの代わりにも使えます。

フライ返し(ターナー)

炒め物をしたり、ひっくり返すのにも、フライ返しがあった方が便利です。100均のものでもいいので、用意しましょう。

フライパンの素材によっては金属製のものはNGとなりますので、注意しましょう。

おたま

汁物を作ったら、やはりおたまは必要になります。持ち手のところまで金属のものだと鍋つかみが必要になりますので、持ち手まで熱くならないものにしましょう。

包丁

大きさも形も様々なものがありますが、一般的な文化包丁1本あれば、とりあえず大丈夫です。

その2:食器

ごはん茶碗

日本人なら、やっぱりごはん茶碗は必須でしょう。

汁椀

家でお味噌汁を飲むようなら、汁椀もあった方が便利です。

味噌汁はカップでじゅうぶん、という人は不要です。

どんぶり

カップではないラーメンを食べるようなら必要です。

小どんぶり

どんぶりと、ごはん茶碗の間くらいのサイズのものが何かと使えます。サラダ、シリアル、お茶漬けなどなど。

大皿

カレーやパスタを食べる時にちょうどいいサイズのお皿は、やっぱり必要です。

小皿、小鉢

必要度は低くなりますが、あれば食卓が整います。

箸、スプーン、フォーク

これがないと食べられません。フォークは箸で代用も可ですが、あった方がよいでしょう。

おわりに

本当に最低限のものだけ挙げてみました。これだけあればある程度の自炊が楽しめますよ。

(イラスト by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。