1. 暮らし
    2. 葬儀の準備の基礎

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    葬儀の準備の基礎

    このライフレシピのもくじたたむ

    葬儀の準備に必要なこと

    葬儀には以下のようなことが必要です。
    - 喪主を決める
    - 世話役を決める
    - 葬祭業者へ依頼する(会場、規模、予算など)
    - 日程を決める
    - 形式や宗旨を決める(故人の意思があればそれを尊重)

    喪主って?

    葬儀を取り仕切るのが「喪主」です。故人ともっとも近しい人がなるものです。

    遺族を代表するのが喪主

    男女の別なく故人にいちばん近い人
    喪主は故人に代わって葬儀を主催し、弔問を受ける立場ですから、故人といちばん近い人が務めるものです。

    一般的には、故人にもっとも近い遺族である配偶者や親、子が務めます。ひとりではなく、数人で任に当たってもかまいません。未成年の子が喪主になる場合、親族が後見人になってバックアップすることもできます。

    喪主の役目は故人の代わりに弔問を受けること

    さまざまな会葬者の弔問を、通夜・葬儀を通して受けるのが、喪主の第一の役目です。雑用はしないようにして、動き回らずに故人のそばに付き添う定位置にいるようにします。

    弔問客の応対だからと言って席を離れてまで挨拶にまわることはありません。たとえ弔問客が目上の人であっても玄関まで見送るのは避けるのがしきたりです。

    実務を担う世話役も必要

    葬儀などの細かい段取りは世話役を決めてお願いします。経験豊富な人で、喪家の事情をよく知っている人に依頼すると良いでしょう。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人