1. 雑学
    2. 首周りをあたためる手作りカイロの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    首周りをあたためる手作りカイロの作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    寒いときにポケットにカイロがあると、ほかほかしてあたたかいですね。でも、毎日使うと結構な出費なうえに、ゴミになってしまいます。

    そんなときにおススメなのが、レンジで温めて繰り返し使える手作りのカイロ。環境にもお財布にもやさしく、体もぽかぽかになります。

    とってもあたたかな首用のカイロの作り方をご紹介します。

    用意するもの

    • 大きめの綿のハンカチ
    • 小豆か米 適量(ハンカチの大きさによりますが200g程度) ##STEP1 ハンカチを半分に折り、一方の端をさらに半分に折ります。折った部分の長さを4等分したところでポケット状に縫います。

    STEP2

    ポケット状になったところに、小豆か米を7分目程度まで入れます。

    STEP3

    ハンカチの長いほうの端をくるくると巻いて小豆を入れた部分を包み、周りを縫って出来上がりです。

    米を入れた場合は、中身が出てこないように縫い目を小さめにしてください。
    フリースなどで、カバーを作ると温かさの持続時間が長くなり、汚れなくて便利です。カバーは中身より一回り大き目の布で作ります。

    STEP4

    使うときは、レンジで1分程度温めます。さわってみて、温かく感じるまで15秒づつくらい加熱してください。

    温めすぎると焦げたりして危険です。温め時間は1分を目安にしてください。

    STEP5

    タオルなどを巻いて、首の周りにあててご利用ください。

    おわりに

    レンジで何度も繰り返し使えるので、とても経済的です。じんわりとした温かさで気持ちがいいですよ。

    ハンカチを使うので、布の端の処理もしなくてよく、ラクに手作りできます。ぜひお試しください。

    (image by amanaimages)
    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人