\ フォローしてね /

単語分割法「接尾辞」で英単語に強くなる方法

英単語をたくさん覚えるのって大変ですよね。しかし、仕組みを理解すると、割と簡単に覚えられるんですよ。

単語分割法とは

筆者が勝手に名付けた方法ですが、することは至って簡単です。その名の通り、英単語をいくつかに分割します。

英語というのは、元々単語数が少なく、単語を変化させて新たな単語を増やしています。

そこで、単語をわざと分割して、様々な単語を関連づけて覚えてしまおう、というのが今回紹介する「単語分割法」です。

単語分割法を活用すると、様々な単語を効率よく覚えられるだけでなく、知らない単語の意味もある程度推測できるようになります。

この記事では、単語を分割する上で重要な要素の一つ、接尾辞に的を絞って紹介します。

接尾辞とは

接尾辞とは、単語の最後につけることで、単語の品詞を変化させる部分を指し、接尾語ともいいます。

例をいくつか挙げてみましょう。

行為者を表す名詞を作る接尾辞

  • -er
  • -ist

これは、「する人」を意味する接尾辞です。

たとえば、

teacher

という単語は、この「er」という接尾辞が「teach(教える)」に「〜する人」という意味を加えることで、「教える人」、つまり「教師」を意味しています。

形容詞を作る接尾辞

  • -ful

これは、もともと「〜でいっぱい(fullから)」といった意味で、「〜な」という形容詞をつくります。

例としては、

peaceful(平和な)

という語は、「peace(平和)」という名詞を形容詞に変化させてます。

  • -able
  • -ible

これは、「〜できる(ableから)」という意味の形容詞を作ります。

たとえば、

acceptable(承諾できる)

という語がありますが、これは「accept(承諾する)」という動詞を可能形の形容詞に変化させています。

副詞を作る接尾辞

  • -ly

これは、形容詞から副詞を作る接尾辞です。

たとえば、

slowly(ゆっくりと)

という語は、「slow(ゆっくりとした)」という形容詞を副詞に変化させています。

他の接尾辞

ほかには、抽象名詞を作る接尾語である「-logy (学問を表す/例:geology(地学))」や、「-ism (主義を表す/例:Darwinism(進化論・ダーウィン主義))」などがあります。

また、はかりに関係するものを表す「-meter(例:barometer(気圧計))」などもあります。

おわりに

接尾辞をいくつか紹介しました。接尾辞をいくつか覚えていると、単語の幅が広がります。是非覚えてくださいね。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。