1. 趣味
    2. ハンドメイド(手作り)の雑貨を売りたい人が知っておくべきポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ハンドメイド(手作り)の雑貨を売りたい人が知っておくべきポイント

    ハンドメイド雑貨が好きな女性は多いものです。手作りの良さは、世界にたった一つだけしかない…ということ。そして、何より既製品とは違う点は、一つ一つが丁寧に時間をかけて作られているということ。

    そんな心がこもったハンドメイド雑貨。作っておしまいでは何だか味気ないものです。作ったからには、人に見てもらいたい…とか、人にあげたい、売りたい…という欲が出てくるものです。

    そこで今回は売るということに重点をおき、「ハンドメイド雑貨を売るために準備しておくポイント」をいくつかあげてみたいと思います。

    何をいくらで売るのか

    人気の傾向をリサーチ

    どんな手作り作品が売れるのかということをまずはリサーチすることが大事です。自分の作りたいものが売れれば一番良いのですが、作りたい物と、売れる物は違う場合があります。

    まずは市場でどのような物が売れているのか調べる必要があります。

    オークションで売れ筋と値段をチェック

    色々なオークションサイトがあります。オークションには手作り作品も沢山、出品されています。クオリティーの高いものから、そうでないものまで様々です。

    ハンドメイド」、「手作り」などと検索すると、多くの商品が検索できます。色々とジャンルを絞って検索することが出来ますので、どんなものがいくらで売れているか・・・ということをチェックしてください。

    どこで売るか考えてみる

    では作ったハンドメイド雑貨をどうやって売るの、をまずは考えてください。

    レンタルボックスを借りてみる

    町の中に、レンタルボックスを貸しているところがあります。遠方でも受け付けてくれるお店もありますので、普段行けないような場所でのハンドメイド雑貨店をボックスの中に展開することが出来ます。

    レンタルボックスのサイズごとに月にかかる金額が変わってくる場合が殆どです。販売手数料もショップによって異なりますので借りる前によく調べてください。

    インターネットショップで委託販売をする

    沢山の作家さんたちが集まる委託販売の雑貨屋さんなら、多くのハンドメイド作品をお客様に見てもらうことが出来るので、個別のホームページを持つよりも売れ行きが良い場合があります。

    大手ハンドメイドマーケットのminneやCreemaから老舗の雑貨委託販売サイトまで色々あるので自分の作品がマッチするサイトを選ぶといいでしょう。

    イベントに参加してみる

    各地にフリーマーケットやアートイベントが開催されています。そういうイベントに参加して、自分の作品を売っていくのも良いでしょう。お客様と実際に対面しての販売になるので、作り手の顔を見ることが出来て、お客様も安心して楽しめることが多いです。

    作品を通じて笑顔と出会う

    ハンドメイドを売る時には、自分の商品に対して自信を持てるように、作品一つ一つ丁寧に、そして心を込めて作りましょう。楽しみながら作ることが大切です。

    (image by PIXTA 1 2)

    このライフレシピを書いた人