1. コミュニケーション
    2. お中元・お歳暮をもらったら?参考にしたい礼状の書き方と例文

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お中元・お歳暮をもらったら?参考にしたい礼状の書き方と例文

    お中元やお歳暮を頂いたら、お礼状をお返しするのがマナーです。頂いたご厚意に対して、上手に受け答えしたいですよね。送るタイミングや直接頂いた場合などにも気を付けたいマナーがあります。

    ここでは、お中元・お歳暮をもらったときのお礼の仕方について、基礎知識と例文をご紹介します。

    お中元・お歳暮を受けた場合は?

    もともと世話になる方へ感謝の気持ちを込めて贈るものですから、受けた側からのお返しは必要ありません。

    お返しよりも礼状を送る心遣いを

    受けた側からのお返しは必要ありませんが、礼状は必ず出すようにしましょう。

    改まった書状でなくてもかまいませんが、手紙かハガキで心遣いに対するお礼をしっかり伝えましょう。親しい間柄や身内の場合は、電話などでも良いでしょう。

    お返しは、タイミングをみて

    目上の人からもらった場合などで、お返しをしたいときは、時期をずらして「暑中御伺」や「御年賀」などの名目で贈りましょう。

    また、いただきっぱなしで気になるときには、旅行のおみやげや誕生日のプレゼントを半返し程度で贈るといいでしょう。

    受け取れない場合

    立場上、贈答品を受け取れない場合は返送します。中身は見ずに、上から包装しなおして、「せっかくのご厚意ですが、社内の取り決めにより、受け取りかねますので…」などとあいさつ状を添えます。

    直接届けてくれた人には 「お移り」

    直接届けていただいた方には、「お移り」をするのが目上に立つものとしての常識でしょう。

    儀礼的な「お移り」なら、半紙をたたんだものでいいのですが、それでは儀礼的すぎますから、ハンカチや靴下、あるいは缶詰やクッキーといったちょっとした品を用意しておいてお返し代わりに贈るようにします。

    お中元・歳暮のお礼状の決まり文句

    • さて、このたびは、はからずもまことに結構なお品をご恵贈いただき、厚く御礼申し上げます。
    • さて、本日はご丁重なお中元(お歳暮)のお品、ありがたく拝受いたしました。私どもこそお世話になっておりますのに、いつもお心にかけてくださいまして恐縮に存じております。
    • さて、本日はご丁重なお中元(お歳暮)のごあいさつならびに結構なお品を頂戴いたしまして、本当にありがとうございました。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人