1. コミュニケーション
    2. 会社が「合わない」と判断する3つのポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    会社が「合わない」と判断する3つのポイント

    このライフレシピのもくじたたむ

    はじめに

    誰しも社会人として働いていれば、いつしか自分と会社が「合わない」と思うときがあるでしょう。

    面接などで聞かれたら、建前で「キャリアップのため」や、「さらに成長したい」などと答えるのが普通でしょう。

    しかし、ここではもっと本音で、会社が「合わない」と判断すべきポイントをご紹介します。

    ポイント

    私の周囲で退職あるいは転職した人の本当の理由を大きく分けて3つにまとめてみました。

    手取りの給料が安い

    まず第一に給料について、もっと高い給料が欲しいとか、福利厚生はいいんだけど、手取りが安いから、と思って退職するパターンです。

    生きていくためには、お金が必要です。食う、寝る、遊ぶためには、お金がないといけません。だから、お金のために会社を辞める人は、実は一番多いのです。

    人間関係が悪い

    次に、同僚や上司など職場の身近な人間関係が悪いと思って退職するパターンです。小さい会社なら上司が社長ということもよくあるでしょう。

    外資系によくある360度評価(上司の他に、同僚や部下、異なる部署など自分の周り360度から評価される制度)などもなく、一度上司に嫌われると、一生関係が修復できないとき、会社を辞める人が多いようです。

    仕事をやりたくない

    いつまで経っても新卒から続けているルーチンワークしか任せてもらえない、やりたくない仕事をやっているから面白くないなど、もうこれ以上この仕事をやりたくないと思って退職するパターンです。

    変化がないことにイライラして、刺激を求めて会社を辞める人が目立ちます。

    おわりに

    ここまで一方的に、自分から会社が「合わない」と判断すべきポイントをまとめてみましたが、実際に退職する際は、いま一度考えてほしいことがあります。

    • その問題は、自分が変わることで解決できないか?
    • 自分が変われば、環境を改善できないか?

    少し時間をかけて考えてみてください。

    それでも、どうしても、できることは全てやったのに、自分の力だけではどうしようもない、そう思ったなら、会社が「合わない」と判断するタイミングなのかもしれません。

    このライフレシピを書いた人