1. 暮らし
    2. お宮参りとは?服装や時期から挨拶回りまでの基本

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お宮参りとは?服装や時期から挨拶回りまでの基本

    このライフレシピのもくじたたむ

    生まれた子供が初めて産土神や氏神(地域の神様のこと)にお参りすることをお宮参りと言います。今では、子供の健やかな成長を祈願する目的で行われています。

    お宮参りはいつごろ、どのように?

    男子は生後32日目、女子は33日目

    お宮参りの時期は、多くの場合男子なら生後32日目、女子なら33日目になります。ただしこれは地方によって多少のずれがあります。

    しきたりにこだわるよりも、生まれて初めて外出する子供の健康状態や天候を見て、日にちを選んだほうが賢明です。

    お参りする場所は?

    最近では以前のような氏子入りの儀式的な意味合いも薄れてきていますので、出生地や住んでいる地域の氏神さまが奉ってある神社でなければいけないということはなく、どこの神社でもかまわないとされています。

    ただしせっかくなので、住んでいる地域の氏神さまの神社がどこの神社か、認識して、そこへお参りしても良いですね。

    祝い着はベビードレスなど

    子供の晴れ着は、しきたりに沿うなら男子は熨斗目の着物、女子は友禅の着物です。ただ最近は着せやすいベビードレスなどを選ぶ人が増えています。レンタルもあるので、そういったサービスを利用しても良いでしょう。

    赤ちゃんは父方の祖母?

    父方の祖母が赤ちゃんを抱くのがお宮参りの一般的なスタイルですが、今では両親が抱いたり、母方の祖母が抱いたりもします。あまりしきたりにはこだわらなくて良いでしょう。

    神社への心づけは「御初穂料」と書く

    お参りは神殿に詣でてお賽銭をあげ、参拝するだけでも問題ありません。社務所に申し出れば、お祓いを受けたり祝詞をあげてもらうこともできます。

    このときの心づけは、紅白蝶結びの金包に「御初穂料」と書いて現金を包んで納めます。

    お宮参りの後は、挨拶まわり

    お宮参りのあとは、出産前後にお世話になった方や親しい方にごあいさつに伺う場合もあります。双方の祖父母などを自宅に招いてお祝いに参加してもらったり、近くのレストランなどに席を設けても良いでしょう。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人