\ フォローしてね /

香典の渡し方

包みが係の人に向くようにていねいに差し出す

本来はふくさに包んで持参し、ふくさをとってから霊前に供えるものですが、最近はポケットやバッグに入れて受付で渡すことが多いようです。

いずれにしても「御霊前にお供えください」のひと言を添え、香典の包みが、係の人に読める方向に向きをかえてから出します。差し出す前に、住所、氏名また包みのなかに金包みが入っているかを確認しておきます。

通夜にも葬儀にも参列できないときは郵送する

何かの都合で、通夜にも葬儀にも参列できない場合は、香典を電報為替か現金書留で送ります。現金書留にするなら香典袋に住所、氏名、金額を書き、お悔やみの手紙も同封できますから弔意と遺族へお悔やみの言葉を添えましょう。

香典に新札を使ってはいけない?

訃報は急に飛び込んできますから、「この日のために用意しておいた」と誤解されないよう新札を使うことはしません。ただ霊前に供えるものですから、あまり汚い札では失礼になります。新札の場合は、折り目を入れるなどして形だけ新札でないようにします。

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。