1. コミュニケーション
    2. 自己PRを志望動機に変える方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    自己PRを志望動機に変える方法

    志望動機が思いつかない!就職活動を行うにあたって、このような場面に直面することがあるでしょう。

    志望動機は履歴書のなかでも重要なファクターとなっており、実際の面接でも間違いなく内容について聞かれる項目です。

    これから、志望動機の書き方についての一例をご紹介します。

    「どう書いていいかわからない」「内容が思いつかない」といった方の参考になれば幸いです。

    そもそも、志望動機って?

    そもそも志望動機とはなんでしょうか。

    面接を受けている企業に入りたい理由?間違ってはいないのでしょうが、この考え方ではおそらく良い志望動機にはならないと思います。

    簡単に言ってしまうと、これからの自分がどうしていきたいかということです。

    もちろん、これを志望動機を考えている段階では、受ける企業に入社することが第一でしょうが、相手側が求めている内容は入社後にどんなことをしたいか、に尽きます。

    入社後のビジョンがはっきりしていて、なおかつ企業に利益をもたらす人材を求めているはずなのです。

    志望動機の考え方

    では、次のステップに沿って、具体的に志望動機を考えていきましょう。

    STEP1:自己PRを考える

    志望動機と並んで、履歴書でも面接でも求められる内容となりますが、良い自己PRを考えることが、良い志望動機につながります。

    自己PRは志望動機とは逆に、これまで自分がなにをしてきたか、ということです。

    部活動、アルバイト、ボランティア活動など…。学生時代、さまざまな経験を積んできたことでしょう。そういった経験で培ったものを企業に伝えるものが自己PRなのです。

    STEP2:自己PRを志望動機に

    STEP1で自己PRを考えたとき、いままで経験した事柄のなかで、自分の好きなこと・得意なことが見えてきませんでしたか?

    その、好きなこと・得意なことこそ、志望動機となる要素です。得意分野を活かして仕事をしていきたい。非常にわかりやすく、相手にも伝わりやすい内容ではないでしょうか。

    ただし、注意点もあります。自己PRのエピソードの内容が薄いとあまりアピールにならないという点です。そうならないためにも、充実した自己PRを考えましょう。

    STEP3:文章へおこす

    志望動機を考えたら、実際に履歴書へ記入してみましょう。スペースが限られているからといって、あまり短い内容ではNGです。

    また、限られた文章量でも内容がしっかり伝わるよう、抽象的でなくはっきりと書くことを心がけましょう。抽象的な文章では、せっかくの志望動機も活きてきません。

    おわりに

    最後に志望動機の内容を確認してみましょう。

    • 自己PRを活かした内容ですか?
    • 文章量は適正ですか?
    • 内容が抽象的ではありませんか?

    今回は、自己PRから志望動機の内容について考えてみました。就職活動のお手伝いができればうれしく思います。

    このライフレシピを書いた人