\ フォローしてね /

曇り空の日に撮影した写真を、晴れているように見せるコツ!

曇りの日の光は、空全体から来ます。そのため、晴れた日特有の「逆光」撮影は難しそうです。

でも「逆光」ってそもそもどういう状態なのでしょう?

写真の中で言えば、それは被写体の正面より後ろが明るい状態のことです。つまり、子どもの顔よりも背景が明るければ、まるで太陽が出ているかのような写真を撮ることが可能なのです。

本記事は、kodomocameraのご協力により、2010年に執筆されたものです。

日かげで撮ってみよう

子どもの顔よりも背景が明るい場所はどこかと言うと、ズバリ、日かげです。

日かげは暗いので、写真を撮るにはあまりよくない場所に思われがちですが、それは大間違い。写真のよいところは、写真の中の明るさを自分で決められることです。

露出の調整をして、日かげの中での明るさが基準となるようにすれば、まるで晴れの日のような写真が撮れます。

木かげの中は一見暗いようですが、実は室内のような光です。外だと思わずに撮るくらいがちょうどいいかもしれません。

他にもある日かげのメリット

それは、瞳がキラキラすることです。当然ですが、日かげのまわりは、今いる場所より明るいところだらけ。こどもの視界にとって、空や周りが明るく写りやすく、なかなかのキラキラポイントなんです。

室内と違い、上を向かせる必要が少ないから、写真の自由度もUp!また、暗いところの方が、こどものおめめがぱっちり開いて、かわいらしさもUp!

ぜひ試してみてください!

実例はこんな感じです。

(text & photo by Ai Nakamura)
(イラスト by にしだたまみ)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。