1. 暮らし
    2. 「女性の一人暮らし」のための安心できる必須条件

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「女性の一人暮らし」のための安心できる必須条件

    「一人暮らし」デビューはワクワクするのと同時に少しの不安がつきものですね。毎日を安心して暮らしていくためには防犯対策に力をいれておかなければなりません。

    女性の一人暮らしの防犯対策のポイント

    家の選び方

    家を選ぶ条件としては2階以上の部屋を選ぶことが大切です。出来る限り高い階層を選ぶことによって、人が上がってくることから逃れられる可能性が高いです。

    マンションはほとんどの部屋に防音の設備がされているので、お隣に自分の行動がわかりづらくて良いです。オートロック設備のマンションは自分の関係者以外はマンション内には入れませんので更に安全です。

    場所は夜道ができるだけ明るい所やなるべく人が多く歩いているような賃貸物件を選ぶことが重要です。

    部屋にTVドアホンが設置されていると、出なくてもカメラで玄関先のお客さんが確認できるので、知らない訪問者であれば無視できます。
    鍵はピッキングに強いとされているディンプルキーにしてもらうと良いです。借りる際に不動産会社に言えばだいたいこの鍵にしてもらえます。

    窓ガラスの防犯対策

    窓ガラスは泥棒などの侵入経路として一番多いので、細心の注意が必要です。女性の一人暮らしであることを悟られないように気を使いましょう。

    窓ガラスのカーテンはいかにも女性の一人暮らしとわかる柄や色の物は避けるほうが良いでしょう。

    小さな窓や格子、換気扇など外にネジがあると簡単に取り外せてしまい侵入経路になってしまいます。ネジ山をつぶしてしまうもの一つの方法です。

    賃貸の場合は事前に不動産会社か大家さんに相談しておくことが必要です。

    ベランダの防犯対策

    ベランダに洗濯物を干す時は男性用の物も一緒に干すというのは勿論大事な事ですが、意外と盲点になりやすいのが傘と布団です。

    傘はまだしも布団のカバーまで男性用を用意するのは大変ですよね。布団を天日で干したいと言う気持ちは判りますが、防犯面を考えると布団乾燥機を使う方が良いでしょう。

    ベランダや玄関には男性用の靴など置いたり、ダミーでも良いので防犯カメラセンサーライトを取り付けることも安全性を高めることができます。

    ベランダと窓の共通の防犯対策

    ベランダや窓には補助錠や振動を与えると大きな音の出る防犯ベルを取り付け「防犯ベル作動中」のステッカーを貼りましょう。

    ベランダや窓、勝手口など泥棒などが侵入する可能性のある場所には外から見えないような死角を作らないことが大切です。

    植木やガーデニング、洗濯物などで死角を作らないように心がけましょう。

    おわりに

    女性の一人暮らしは特に泥棒や変質者に狙われやすいです。不安を取り除くためにしっかりと防犯をして安心して暮らせるよう心掛けましょう。

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人