1. 暮らし
    2. 一人暮らしを始める女性のセキュリティ対策

    一人暮らしを始める女性のセキュリティ対策

    実家を離れて初めての一人暮らし!期待に胸を躍らせる一方、不安もありますよね。特に女性の一人暮らしには危険がいっぱい。そこで女性の一人暮らしに役立つセキュリティ対策をあげてみました。

    女性の一人暮らしを悟らせないこと

    男性の洗濯物を干す

    洗濯物を干すときに、男性物の下着や靴下を干しましょう。よくあるカムフラージュですが、女性の一人暮らしだと悟られても、彼氏が出入りしていると思わせることもできます。

    男性の靴を置く

    玄関には男物の靴を置きましょう。これもカムフラージュのためなので安い靴で大丈夫。友達や兄弟の古い靴をもらってきても良いですね。大きめの靴を玄関に置いておくだけで、宅配便を装った犯罪などを回避することもできます。

    窓辺を可愛くしない

    ピンクのカーテンや出窓にぬいぐるみを置くなど、外から見えるインテリアには要注意!知らないうちに、女性の一人暮らしをアピールすることになってしまいます。カーテンはシックな色にしたり、窓辺には男性の部屋にも置けるようなものを選びましょう。

    防犯グッズを活用すること

    玄関や窓の補助錠や人を感知して点灯するライト、ダミーの防犯カメラ、防犯ブザーなど、最近は様々な防犯グッズが販売されています。必要なものをいくつか組み合わせておけば安心度もアップ!例え気休めでも「ない」と「ある」では大違いです。

    部屋の出入りにも気を配ること

    エレベータでは

    帰宅してエレベータで自室に戻るとき、できれば知らない人と乗り合わせないようにしましょう。また、乗り合わせたときは、エレベータ内でバッグから鍵を取り出さないこと。帰っても誰もいないことを周囲に知らせてしまうことになります。

    部屋の前では

    必ず周囲に人がいないことを確かめてから鍵を取り出し、ドアを開けるようにしましょう。

    おわりに

    いかがでしたか。ほかにも、郵便受けや表札にフルネームは書かないなど、思いつくことはすべてやってみましょう。安全対策にやりすぎはありませんからね。

    このライフレシピを書いた人