1. 暮らし
    2. 知っていると恥をかかない冠婚葬祭「ご祝儀」「香典」の相場金額

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    知っていると恥をかかない冠婚葬祭「ご祝儀」「香典」の相場金額

    冠婚葬祭の時に、みんな頭を悩ませるのが「袋の中身」。少なすぎたら恥をかくし、多すぎれば気を遣わせるかもしれません。第一、自分の稼ぎに見合った内容で何とかしたいものです。

    結婚式の祝儀の相場とはいくら位なのか。とりあえず、それを知っておきましょう。

    結婚式のお祝い相場

    披露宴にお呼ばれした時の相場は、結婚する2人との関係もあるでしょう。親戚と友達では相場は異なります。お札は新札を用意しましょう。

    友人・会社の先輩

    友人の場合は、相場は大体2万円から3万円です。奇数が良いと言われるお祝い金ですが、特に気にすることはありません。ご自分の勤務年数、収入額の事も考えて、無理のない範囲でお祝いしましょう。

    会社の後輩・部下

    相場は3万円から5万円です。何しろ相手は自分よりも社会に出た年数が少ないのですから、面倒を見ている者として、それなりに出してあげなければならないでしょう。

    従姉妹など親戚

    相場は3万円から5万円です。親戚づきあいの場合は、これからの付き合いも考えて出すべきです。疎遠な親戚の場合は3万円で良いでしょう。

    甥や姪・兄弟

    5万円から10万円です。兄弟関係はことに高くなります。が、貴方が年若く、就職して年数が少ない場合は3万円で良いでしょう。貴方が学生さんの場合はご両親と一緒でも構いません。

    お祝い金は奇数である事に拘る必要はありませんが、「4」(し)と「9」(く)は避けてください。会費制の披露パーティの場合は会費以外のお祝い金を包む必要はありません。

    お香典の相場

    お香典の相場も貴方の社会的立場や相手との関係により変わります。お札は新札である必要は無く、むしろ折り目をつけておくのが常識とされています。

    友人・会社関係

    友人や会社関係は3千円から5千円が相場とされています。しかし、貴方が社会的に大きな地位を得ているのならば1万円でも失礼はないでしょう。

    祖父母や叔父・叔母など親戚関係

    祖父母など親戚関係は1万円が相場とされています。が、貴方がまだ社会に出て年数が浅い若者ならば5千円でも失礼はないでしょう。

    兄弟姉妹

    兄弟の場合の相場は3万円です。が、貴方がまだ社会に出て年数が浅い場合は1万円でも構わないでしょう。

    両親

    両親が亡くなった場合の相場は10万円です。これもご自分の勤続年数によると思います。

    親戚関係の場合は兄弟やご両親にも金額を相談してみましょう。多く出す事がステイタスではありません。親族間でバランスを考えた方が良い事もあります。

    おわりに

    お祝いもお悔やみも本当は金額ではなくて気持ちです。しかし、常識を逸した額は、差し上げる人に困惑されてしまいます。相場はあくまでも相場。一緒に行く人がいるならば、その人に合わせるのもお付き合いの一つです。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人