1. 暮らし
    2. 弔問マナー・故人と対面の仕方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    弔問マナー・故人と対面の仕方

    このライフレシピのもくじたたむ

    故人の方と対面する場合の弔問マナーについてご紹介します。

    故人の方と対面するマナー

    遺族からの申し出があった場合だけにする

    故人ととくに親しい間柄だった人には遺族から対面を勧められることがあります。そのときは謹んで対面しますが、それ以外は申し出ないのが礼儀です。

    対面するときは合掌して、ていねいに拝礼しますが、手を出して遺体に触れるようなことは慎みましょう。また対面も短い時間で切り上げるようにします。

    故人と対面の仕方

    • 枕元に両手をつき、一礼する
    • 白布があげられたら対面して合掌する
    • そのままの状態で少し後ろへ下がる
    • 遺族に挨拶して一礼する

    対面後は不必要なことを長々と話さない

    遺体と対面したあとに、死因や病気のことなど長々と質問することは慎みましょう。

    「安らかに眠っているようなお顔ですね」とか「きれいなお顔ですね」などぐらいの感想にとどめ、不謹慎な冗談などは決して言わないようにします。

    枕飾りが整っていたら、線香をあげる

    仏式の場合、線香の本数は、宗派によって一本、二本、あるいは一本を二つに折るなどさまざまですが、死亡時は一本がしきたりです。

    ろうそくの灯で点火し、線香の灯は手であおぐか、あるいは手にもったまま下にスッと
    引いて消します。

    まちがっても息で吹き消したり、線香を振ったりしてはいけません。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人