1. コミュニケーション
    2. 子供達に大人気!バルーンハウスの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    子供達に大人気!バルーンハウスの作り方

    たまには、童心に返って「工作みたいなことがしたい!」なんて気分になったりしませんか?

    ということで、今回は風船の家「バルーンハウス」の作り方をご紹介します。

    材料と場所

    まずは材料を買おう!

    まずは材料を買出しに行きましょう。

    • 風船(100~200個)・・・カラフルだとかわいいので、いろんな色が入ってるものにしましょう。だいたい1000円~2000円くらいで足ります。
    • セロハンテープ
    • 両面テープ・・・セロハンテープと両面テープはお好みで使い分けましょう。
    • 段ボール・・・地面に敷く用なので、コンビニやスーパーでもらってくるのでOK。

    決行は、土日の大きな公園がオススメ!

    場所は広い公園がベスト。せっかくなら、人が多い場所にしましょう。都内では代々木公園などがオススメです。後片付けさえ、きちんとやれば問題ないそうです!

    晴れの日にやりましょう!雨だと大変なことになります。

    さあ、作り始めます

    風船を並べて段ボールにつける

    人の通り道にならない場所に、段ボールを敷いて、つくり始めましょう。

    まずは、風船を10個くらい膨らませて、順々に並べて、段ボールにくっつけていきます。

    セロハンテープまたは両面テープで風船同士をくっつけていきます。あまりケチらず、豪快に貼っていくのがオススメです。

    地盤を固めるために、きれいに整列して並べましょう!

    3辺の壁をつくっていく

    入り口の以外の3辺の壁を積み上げていきます。色合いがキレイに見えるように並べていくのがおすすめです。

    ある程度、出来上がってくると周囲から人が集まってきます。とくに子供は風船が好きなので、どんどん遊びに来ます。せっかくなので、仲良くなってみましょう。

    とにかく上に積み上げる

    風が吹くと、崩れそうになるので、なるべく皆で風から守るようにして立って、作業を進めます。

    今回の場合は、子供が混ざって、手伝ってくれました!自分たちだけだとくじけそうになるので、声をかけてくる人たちと積極的に交流すると良いでしょう!

    屋根のあたりはドーム状になるように接着

    そろそろ良い高さだなという頃になったら、少しずつ傾斜をかけて接着して、ドーム状にしていきます。

    始めの頃よりも格段に安定感がでてきているので、サクサクつけていきましょう!

    できあがりっ!!!!!

    後ろから見ると、

    想像以上に達成感があります。中に入ると、静電気で髪の毛が大変なことになりますが、なかなかメルヘンな気分になって楽しいです。

    こうなってくると、もはや記念撮影スポットになります。子供達が集まってくるので、中に入れてあげましょう!とたんに人気者になります☆

    中から外を見ると、こんな光景

    風船を解体して、後片付け

    捨ててしまうのももったいないので、風船をバラバラにして、子供達に配っていきましょう。ちょっとしたアンパンマン気分も味わえます。

    喜んで持って帰ってもらえます!

    公園にゴミを残して帰らないようにしましょう!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人