1. コミュニケーション
    2. 就活の説明会等ですべき質問・すべきでない質問

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    就活の説明会等ですべき質問・すべきでない質問

    学生の就職活動は、社会に出る前の大きな試練です。説明会やOB訪問OG訪問等、社会の事を知る機会は沢山あるけれど、何を聞いてよいか分からず、不完全燃焼に終わってしまう事も多いと思います。

    そこで今回は、説明会やOBOG訪問等で、「あまり出てこないが、本当はしてもよい質問」「よく出てくるが、本当はすべきでない質問」をいくつかご紹介します。

    してもよい質問

    • 待遇に関する質問

    仕事とは、能力や知識を提供し、対価として報酬を得る事です。みなさんは企業へ就職し、仕事をしようとしているわけですから、給料や福利厚生について知る事は当然の権利です。

    しかし、待遇についてばかり質問していると、採用担当者に良い印象を与える事はできませんから、この質問に時間を割きすぎるのはやめましょう。

    • 同業他社には無い、その会社だけの強み・特徴

    選考で「弊社を選んだ理由は何ですか?」と、必ず聞かれる事ですから、先手を打ってこちらから質問しましょう。後々の参考になります。

    説明会の資料等で、会社の強みは述べているはずですから、質問の仕方も「あなたにとっては~」や「実際に入社してみて実感としては~」と、工夫してみましょう。

    質問の仕方に工夫をしましょう

    すべきでない質問

    • 残業はあるのか?

    残業はどこの会社でも当然あります。残業なしで働き続ける事は難しいでしょう。

    • 残業代は何時間分まで出るのか?
    • サービス残業はあるのか?

    こういった部分は、会社の実態を入社前に知ることは難しいです。各職場から集まったリクルーター達も、人事の人の前では正直な事は言えないのです。

    確実に知りたい場合は、その会社の社員か、もしくは同業他社の社員か、どちらにせよ自分の知り合いに聞くと良いでしょう。

    仲の良い知り合いに聞きましょう

    おわりに

    超氷河期と言われている昨今、就活が多きな山だと感じている方も多いと思います。

    就職活動の面接でも、「何か質問はありますか?」といわれることも多いです。就活に失敗しないような質問をしてみてください。

    このライフレシピを書いた人