\ フォローしてね /

クリーニングに頼らずお得に!アイロンがけの基本

さまざまな調査やアンケートにおいて、「主婦が嫌いな家事」といえば、「アイロンがけ」という結果が出るようです。きれいにアイロンをかけるのは難しいですし、量も多いので大変ですよね。しかし、自分でアイロンがけをすると、クリーニングに持っていくよりもかなりの節約になります!

しわくちゃになった洗濯物は、アイロンがけをするだけでシャツもハンカチも新品同然の仕上がりになります。はじめは面倒でも、ちょっとしたコツをつかめばとっても簡単。毎日の生活の気分を変えるアイロン生活、始めてみませんか?

事前のチェック

必要なもの

  • アイロン
  • アイロン台
  • 霧吹き

アイロンがけの前に、最適温度をチェック

まず、素材の品質表示を確認します。シャツには「洗濯表示タグ」がついています。アイロンの取扱いについても示されていますので、チェックしましょう。

アイロンに関する洗濯表示記号とその意味は以下の通りです。

  • 「高」アイロン温度は180~210℃
  • 「中」アイロン温度は140~160℃
  • 「低」アイロン温度は80~120℃
  • 「×」アイロンがけ不可

アイロンがけの基本ポイント6つ

この6つをマスターするだけで驚くほど綺麗にかかります。

  • 1:霧吹きで全体を湿らせましょう。特に形態安定加工していないもの。シワが伸びやすくなります。
  • 2:左手の有効活用。生地を引っ張り気味にプレスするとOK。
  • 3:アイロンは直線、一方方向に動かすとよい。ジグザグに動かすとしわになりやすくなります。
  • 4:生地が厚い部分(襟、カフスなど)は力を入れて両面をかける。
  • 5:アイロンは進行方向の反対側に力を入れると引っかかりにくくなります。
  • 6:縫い目にシワが寄りやすいので、縫い目を引っ張りながらかける

いよいよアイロン開始

STEP1:温度設定

表示にあわせてアイロンの温度を設定します。温度が上がるまでに、シャツに霧吹きをかけて全体を湿らせて、アイロンを当てたときにシャツのしわをのばしやすくします。

ポイントはあまり力を入れすぎないこと。アイロンは滑らすように使うものです。細かい部分はアイロンの先端を使って丁寧に!

STEP2:まずは「えり」、裏と表を一回ずつ

エリを立て、まずは裏側(ふだんは隠れるほう)をアイロンがけしやすいようアイロン台に乗せます。

(1)利き手にアイロンを持ったら、反対側の手で「エリ先の縫い目」を軽く引っぱります。そして、引っ張っていないほうの「エリ先」から「エリの中央」に向けてアイロンをかけていきます。

(2)次に、「アイロンがけしたエリの縫い目」を引っぱります。そして、先ほど引っ張った側の「エリ先」から、「エリの中央」に向けてアイロンがけ。

エリは厚みがあるので、裏側を済ませたら、こんどは表側を上にして、(1)、(2)と同じ要領でアイロンをかけます。

STEP3:次は「肩部分」、余計なシワを作らないように

折り目がつかないよう、肩部分以外の布地をアイロン台の外に逃がすなどして、アイロンでシワを作らないよう気をつけましょう。えりを立て、平らにした肩部分にアイロンをかけていきます。

STEP4:「そで口」も裏と表を

「そで口」は、「エリ」と同じく厚みがあるので、裏と表、一回ずつアイロンがけしていきます。縫い目を引っ張りながら、まずは裏から。終わったら表側を忘れずに。

「そで」は縫い目の部分を折って形を整えます。アイロンがけした反対側に「折り目ジワ」がつかないよう気をつけましょう。「そで口」から「肩部分」の方向にアイロンをかけていきます。

STEP5:最後に「身ごろ」、全体の仕上げ

「身ごろ」とは、シャツの胴体部分です。

まずはボタンのある部分(男性用なら右側、女性用は左側)から。アイロンがけする「身ごろ」以外の部分はアイロン台の外に逃がし、縫い目の部分を引っ張りながらアイロンをあてていきます。ボタン部分は、アイロンの先端部分で押さえていきます(ボタン部分のときだけ裏返して、ボタンを気にせずアイロンがけすることもできます)。

さらに背中部分とボタンのない部分も同じ要領でシワをのばしながら全体にかけていきます。ポケット部分は縫い目を手で押さえ、下からポケット口に向けて、アイロンの先端をあてていきます。

おわりに

洗って干して取り入れて、ただでさえ面倒な洗濯の最後の難関、アイロンがけ。ついつい省略してしまいがちですが、上手に仕上がったときの満足感は別格。

また、クリーニングに出すよりも、経済的にはかなりお得です!毎日は難しくても、「ここぞ」というときに決めてみるのはいかがでしょうか?

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。