1. 暮らし
    2. 似合うメガネの選び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    似合うメガネの選び方

    このライフレシピのもくじたたむ

    メガネ、なんとなく選んでいませんか?

    メガネ屋さんに行くとすごくたくさんのデザインがあって驚きます。流行りのもので選ぶのも良いですが、それが自分の顔には合わないときは困りますよね。

    最近、私がメガネを新しくしにメガネ屋さんに行ったときに教えてもらった「似合うメガネの選び方」をご紹介します。

    メガネ選びの基本

    顔の幅よりはみ出さない

    顔の幅より大きいものは避けましょう。でも小さすぎてもいけません。顔の幅の9割程度がベストの幅

    フレームの上のラインが自分の眉と平行になっている

    上がり眉の人が、垂れ下がったラインのメガネをかけたり、逆に垂れ眉毛の人を上がりラインのメガネをかけるとバランスが悪くなってしまいます。

    レンズの縦の大きさは鼻とほぼ同じ長さにする

    大きすぎるとアラレちゃんぽくて、なんだかだらしないイメージを受けますよね?ちょうどいい大きさ=自分の鼻の大きさと同じぐらい、ということのようです。

    顔のラインをできるだけ細く見せたい場合は、できるだけ細くシャープな印象のフレームを選ぶのがコツです!

    輪郭別 似合うメガネの形

    • 丸顔

    角張った雰囲気のフレームが似合います。丸いフレームにすると丸顔が強調されてしまいます。

    • 面長顔

    上下が狭い横長のフレームがGood!

    • 四角顔

    丸型か楕円形のフレームがベスト。

    • エラの張った顔

    ゆるいカーブを描いたフレームが似合います。

    まとめ

    つまり、似合うメガネの形は、

    顔のパーツ(鼻の大きさ、眉の角度)に合わせ、輪郭とは反対のものを選ぶと良い、

    ということですね!これはサングラスでも適応されるそうなので、是非参考にしてみてください。

    Twitterで紹介!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人