\ フォローしてね /

子供が楽しめる節分にちなんだ遊び方

このライフレシピのもくじたたむ

お子さんのいる家庭では、節分というイベントを楽しみながら過ごしたいものですよね。

  • ただ豆まきするだけではつまらない
  • 子供が最近節分に飽きてしまっている
  • 節分の日は子供を集めてパーティーをしたい

という方にお薦めの、子供向けの節分の遊びをご紹介します。

是非機会があればお試し下さいね。

用意するもの

  • 節分用豆(小分けにしてあるものがお薦め)
  • お菓子(小分けパックになっているもの)
  • その他小さなおもちゃや小額が入ったおひねりなど
  • エコバックやレジ袋(子供の人数分)

やり方

STEP1:部屋を暗くし、子供を一箇所に集める

この遊びは部屋を暗くし、たくさんの豆やプレゼントを投げ子供に取らせるというものです。よく神社やお寺などで、豆まきをし、それをたくさんの人で拾い集めますよね。その家庭版だと思ってください。

子供も部屋の一部にまとめて集め、室内を暗くしましょう。そして、子どもたちには、

  • 他の人の体に触れたり、突き飛ばしたりしない
  • 人が掴んでいるものを取らない
  • 床に座ったままで、立ち上がらない
  • 取ったものは自分の袋に入れる

と予めルールを説明してください。これは怪我などをしないための最低限の決まりごとにしましょう。

幼児などには向かない遊びです。小学生以上の子供で実施しましょう。
怪我のないように、鋭利なものや、踏んだりぶつかったりして危険なものはそばに置かないで下さい。

STEP2:代表者が子供たちに向かって豆やプレゼントを投げる

では、『鬼は外!福は内!』の掛け声とともに、豆やプレゼントを投げましょう。優しく投げてあげてくださいね。

それを子供が拾って楽しんでもらいましょう。きっとワーキャー喜んで楽しんでくれるはずです。

投げるものは、重くないもの、鋭利でないもの、潰しても壊れないものにしましょう。また、部屋の片付けが大変にならないためにも、全て小分けの袋に入れておくことをお薦めします。

更に5円や10円が入ったおひねり袋などを混ぜておくと、子供たちは大喜び間違いありません。

STEP3:部屋を明るくし、戦利品を楽しむ

子供によって取ったものに大きな差があると喧嘩になってしまう可能性もありますよね。

そのためには、予備のお菓子などを用意しておくと良いでしょう。終了後には、全員が均等にプレゼントを手にしているか確認してあげてくださいね。

おわりに

筆者の小さい頃の節分の楽しみはこの遊びでした。

勿論部屋を明るくしたままでも楽しめますが、暗くすることで、何を掴んでいるかわからないワクワク感が楽しめます。今年の節分はこのようなゲームで盛り上がってみてはいかがですか?

くれぐれも怪我のないように、保護者の方は十分にご注意下さい。
このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。