1. コミュニケーション
    2. 就職活動の面接が終わった後のお礼メールの基本のキ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    就職活動の面接が終わった後のお礼メールの基本のキ

    以前の記事では、主にお礼メールの内容に関するノウハウを紹介しました。当記事では、もう少し基本的な解説をしたいと思います。

    お礼メールのタイミング

    お礼メールは、面接当日のうちに出しましょう。ビジネスはスピードが命です。せっかくのお礼メールも、翌日以降に出したのでは、効果が半減してしまいます。

    一日のうちに面接がいくつも重なっている場合、疲れて帰宅してからさらにメールを出すのは大変ですが頑張りましょう。

    前日までに雛形を作って下書き保存しておき、当日に、面接を終えての意欲の部分(詳しくは前の記事を参照してください)だけ書き加えるようにすると効率的です。

    メールアドレスについて

    お礼メールに限った話ではなく、就職活動でフリーメールを使うのはマナー違反です。学校から配布されているメールアドレスか、もしくはプロバイダーのものを使いましょう。

    フリーメールはマナー違反というだけでなく、場合によっては迷惑メールフィルタに自動的に振り分けられて、読んでもらえないおそれがあります。

    また、アカウント名にも注意が必要です。友達同士で使う分には、どんなアカウントを用いても構いませんが、ビジネスメールで「nicochanlove」とか「cutiemikapon」といったふざけたアカウントだと、ちょっと恥ずかしいです。

    就職活動で使うメールアドレスのアカウントは、自分の氏名を用いたものにしましょう(もちろん「chan」付けはなしで)。

    最低3回は確認する

    送信する前に、最低3回は文面の確認をしましょう。万一会社名や役職・人名に間違いがあれば、致命的です。

    誤字・脱字がないかも、よくよく確認して、絶対に間違いないという状態になってから送信ボタンをクリックしましょう。

    自分で自分のミスは見落としがちなので、時間的余裕があれば、友人などにチェックしてもらったほうが確実です。

    おわりに

    就職活動の面接が終わった後のお礼メールの基本のキについてご理解いただけたでしょうか。

    当記事が、あなたの就職活動のヒントになれば幸いです。あなたが内定を勝ち取ることを心よりお祈り申し上げます。

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ