\ フォローしてね /

男性の着物の着付けを学ぶ~帯結び「片挟み」編

からの続きです。

「きもの」最大の難関・帯結び。でも、ネクタイと同じで、ポイントは「とにかく慣れること」です。でも、いきなり難しい帯結びは無理!という方でも大丈夫です。ここではまず、簡単な「片挟み」から学んでいきましょう。

これを覚えて、いつでもカッコいい帯をしっかり結べるようにしておきましょう!

着物の帯の結び方「片挟み」

STEP1

左手で帯の端を持ちます。反対側はそのまま床の上に垂らし落としておきます。

手に取った帯の端を縦半分に折ります。この折り目を「輪(わ)」と呼びます。また手に持ち「輪」を作った側の端を「手先(てさき)」、落とした(垂らした)ほうの端を「垂れ先(たれさき)」と呼びます。

STEP2

「手先」の「輪」を下側にして、帯を腰に巻いていきます。まずは帯を背中に当てて「手先」の位置を決め、「垂れ先」側を巻いていきましょう。体型によって、二回りか三回り。ひと巻きするごとに「巻き」が緩くならないよう引き締めます。

STEP3

「垂れ先」を内側に折り込み、「手先」にあわせて長さを調整します。

STEP4

「手先」を下、「垂れ先」をその上に重ね、身体の前で交差させて長さを確認します。

STEP5

「垂れ先」を「手先」の内側からくぐらせます。

STEP6

上にのばした「垂れ先」を、くぐらせたばかりの「手先」のふちにあわせて外側に折り返し、その先端をさらに腰に巻いた帯の内側にもぐらせます。

STEP7

「手先」「折先」が「八」の字を作る形になりますので、帯の形を崩さないようにそれぞれを引っ張り、ぎゅっと締めます。

これで結びは完成です。帯に両手の親指を入れ、着付けを崩さないよう右回り(時計回り)に回していきます。結びを背中の真ん中にあわせましょう。

帯はベルトとは違って、横から見ると、前はお腹の下、後ろは腰の上。お相撲さんが「まわし」にするように、締め終りに前側をつかんでぎゅっと下ろすと決まります
着付けが終わったら、着物の「下前」のエリ先を調節して、足が開くようにしましょう

まとめ

冒頭でも書いたように帯結びは「慣れ」がすべて。当たり前のことですが、昔の人が着物を着付けできたのは「毎日着ていたから」です。何度か練習すれば、現代人でも当たり前にマスターできるでしょう。

切羽詰まった状況で「よし、着物を着よう」などといきなり思ったりするのはお薦めできませんが、時間の制限がないときに、「ちょっと試してみようかな」というような「スローライフ」感覚で着物生活を始めてみるのはいかがでしょうか?

関連記事

前回の記事

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。