1. 趣味
    2. マラソン初心者が徐々にレベルアップする方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    マラソン初心者が徐々にレベルアップする方法

    マラソン・ランニングは自分一人で練習できるのはいいですが、コーチがいない状態で練習するのは、なかなかレベルアップをするのが難しいのではないでしょうか。

    今回は、マラソン初心者が徐々にレベルアップする方法を紹介します。

    全く運動をしていなかった人がマラソンを始めるとき

    いきなりムリをして走らず、まずはウォーキングから始めてみましょう。始めはゆっくりでいいので、30分歩き続けるようにします。30分歩き続けられるようになったら、今度は歩くスピードをあげるようにします。

    しばらく運動をしていなかった人が、いきなり走ると足や膝を痛める原因になります。徐々にレベルアップしていきましょう。

    30分歩けるようになったら

    今度は少し走ってみましょう。ゆっくり走っては歩き、走っては歩きを繰り返します。ムリのない距離・時間で走り、始めは1~2分走ったら歩き、徐々に、5分、10分と走る時間と距離を伸ばしていきます。

    徐々に体を慣らしていくので、この段階でもムリをしないようにします。

    10分走れるようになったら

    楽に10分走れるようになったら、水を持って、走るようにします。10分から更に時間と距離を伸ばしていき、目標を30分休まずに走れるところにおきます。30分走れるようになると、ゆっくりでもだいたい5キロは走れることを意味します。

    この頃からが、本当のランナーとしてのスタートです。

    30分走れるようになったら

    楽に30分走れるようになったら、5キロか10キロぐらいの市民マラソンに参加してみましょう。今までは自分一人で走ってきたと思いますが、他の市民ランナーと一緒に走ることはとてもいい刺激になります。

    また、目標時間も決めて、それに向かって練習します。それ以外にも、景色を楽しみながら走ったり、ペース配分を考えたり、目標を決めて走るのは、新しいランナーとしての自分の発見にもなります。

    ウォーキングを始めた頃からこの段階になる前ぐらいまでは、1日おきぐらいの練習でも大丈夫ですが、市民マラソンに出るとなったら、毎日練習をしたほうがいいと思います。

    おわりに

    マラソン初心者を対象に、レベルアップの方法を紹介しました。この流れに沿って、楽に走れる距離を伸ばすように心がけましょう。

    このライフレシピを書いた人