1. 暮らし
    2. お墓の選び方・建て方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お墓の選び方・建て方

    ここでは、一般的なお墓の選び方・建て方についてご紹介します。

    お墓の値段

    お墓の値段は平均で200万から400万はかかるといわれています。さらに購入後は管理費もかかります。

    決して安い買い物ではないので、遺族間でよく相談して決めましょう。

    お墓のタイプ・種類

    家墓

    お墓のタイプでもっとも多いタイプで「家墓」といい、墓石正面に「鈴木家」などと刻み込んでいるものです。一家代々の子孫が納骨されるもので、個人名や没年月日は墓石の側面や墓誌に刻まれます。

    個人墓

    独身者やひとりで墓に入りたい人向けの「個人墓」もあります。

    夫婦墓・友縁墓

    夫婦ふたりで入る「夫婦墓」や、友人と入る「友縁墓」などもあります。

    デザイン

    墓石のデザインは、昔ながらの和型三段タイプのほか、特定の宗教を持たない人に人気の洋型や、個人の趣味に合わせた個性的なオリジナルデザインなど、いろいろなものが登場しています。

    墓地を購入するには?

    墓地を購入するといっても、土地の購入とは違って、お墓を立てる土地そのものを買うわけではありません。「永続使用権」といって、継承者がいる限り使い続けられる権利を手に入れます。

    墓地の購入については、「1年以内にお墓を建てること」などの付帯項目がついてることもあるので、初めによく確認しておきましょう!

    墓地の種類

    墓地には大きく分けて、「公営墓地」、「民営墓地」、「寺院・教会墓地」の3タイプがあります。墓地のタイプにはそれぞれ長所短所があるので、自分達の希望と照らし合わせて決めましょう。

    広告やインターネットなどで気になるところを見つけたら、まずは現地に行ってみるとよいでしょう。

    公営墓地

    長所

    • 永代使用料や管理料が安い
    • 経営母体が自治体なので、経営状態もまず安心
    • 宗教、宗派を問わない
    • 交通の便がよいところにある墓地が多い

    短所

    • 競争倍率が高い
    • 申込条件が厳しいところが多い
    • 墓石の大きさやデザインに制限がある場合がある

    民営墓地

    長所

    • 墓地の広さや、墓石のデザインが多彩
    • 宗教、宗派を問わない
    • 生前でも申込できる
    • 条件が少なく、購入しやすい

    短所

    • 価格が高い
    • 交通の便が不便な場合もある
    • 経営状態が不安定なケースもある

    寺院・教会墓地

    長所

    • 檀家用なので、供養や管理を安心して任せられる
    • 葬儀や法事のときに便利
    • 交通の便の良いところにある墓地が多い

    短所

    • 同じ宗派でなければならない
    • 価格が高い。
    • 都心部では空きが少ない

    寺院墓地であっても、「過去の宗旨・宗派は不問」という場合があります。民営墓地の場合は、どの宗派であろうと申し込むことができますが、寺院墓地の場合は、「契約する際にはその寺院に所属する必要がある」という点が大きな違いなので、注意が必要です。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人