1. 暮らし
    2. 遺産相続の基本的な流れ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    遺産相続の基本的な流れ

    ここでは、一般的な遺産相続の流れについてご紹介します。

    遺産相続の対象

    遺産相続の対象になるものは、以下のものとなります。

    プラスの遺産

    • 宅地、田畑、山林などの土地、建物の不動産
    • 預貯金、生命保険金、年金
    • 自動車、貴金属宝石類、家財道具などの動産
    • 株式などの有価証券、公債、社債
    • 特許権、著作権、商標権、実用新案権などの所有権
    換金性の少ない動産(服やアクセサリー、時計など)は形見分けという扱いになります

    マイナスの遺産

    • 借金
    • 連帯保証債務
    • 買掛金

    遺産相続の流れ

    遺産相続の一般的な流れは以下のようになります。

    STEP1. 死亡届の提出

    死亡した瞬間から、故人の財産は「遺産」になります。この時点では、まだ相続人全員の共有財産なので、たとえ配偶者でも勝手につかうことはできません。

    STEP2. 遺言書の確認

    故人の部屋や貸金庫などを探し、弁護士にも確認して、遺言書の有無を確認します。

    STEP3. 相続人を確認

    生まれてから死ぬまでの戸籍謄本を取りよせ、遺族の知らない人間関係がいないかを調べて、相続の資格のある人間を調べます。

    STEP4. 相続財産の確認

    プラスマイナスすべての財産を調査します。相続放棄、限定承認する場合は、相続開始を知ってから3カ月以内に申し立てます。

    STEP5. 相続人の確定

    遺言書や相続順位によって、相続人を確定します。

    STEP6. 故人の確定申告

    故人の所得税の確定申告をします。

    STEP7. 遺産分割協議

    相続人で遺産分割について協議します。合意したら協議書を作成し、合意できなければ家庭裁判所に申し立てます。

    遺産放棄って?

    マイナスの財産が多い場合や、他の相続人とのトラブルを避けたい場合などには、一切の相続を放棄することもできます。

    限定承認って?

    マイナスの財産の支払いは、相続したプラス面の範囲内でのみ行う「限定承認」というやり方もあります。この相続方法ができるのは、相続人の考えが全員一致したときのみです。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人