1. コミュニケーション
    2. アメリカ旅行で初めてのバーを楽しむ方法(注文の仕方編)

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    アメリカ旅行で初めてのバーを楽しむ方法(注文の仕方編)

    アメリカのバーで役立つ、オーダーの方法をご紹介します。日本とはずいぶん違うので、覚えておくと旅行したときに戸惑いません。

    オーダーの方法

    カウンター席の場合のオーダーの方法

    バーテンダーに直接オーダーします。頼むには"I'd like to have...."といえばOKです。

    テーブル席の場合のオーダーの方法

    テーブルを受け持つウエイトレスかウエイターは決まっています。通りがかりのウエイトレスに手当たり次第に声をかけるのはNGです。

    はじめにあいさつに来たウエイトレスかウエイターが来るのを辛抱強く待ちましょう。

    たいていは、(1)オーダーを聞きにきて(2)頼んだものを持ってきて(3)食べたり飲んでいる最中に来て(4)飲み終わるころに追加注文を聞きにきてくれます。

    身分証明書で年齢確認

    アルコール飲料を頼むと、若く見える日本人は"Can I see your ID?"(身分証明書を見せてもらえる?)といわれることがあります。その場合”Sure"と答えてIDを見せます。

    アメリカでは写真つきIDがないと、お酒を飲ませてもらえません。パスポートを忘れずにもっていきましょう。

    混んでいるバーでは、パスポートをなくしたり奪われたりしないように気をつけましょう。

    知っておきたいポイント

    意外と美味しいビール

    アメリカのビールというと、うすくて安いビールのイメージですが実は両極端あります。

    地ビールや輸入ビールはとても美味しく種類が豊富。アメリカのバーに行ったら、ビール好きさんはぜひビールをお試しください。特におススメは生ビールです。

    生ビールはその時々によって変わるので、メニューに載っていないことがあります。”What's on tap?"と聞くと、生ビールメニューを教えてくれます。

    カウンター席なら、写真のようなビールサーバー用のハンドルが見えるので、どんなビールがあるかチェックしてみてください。

    おわりに

    日本よりもアルコール醸造の規制がゆるいので、自家製ビールを置いてあるバーがたくさんあります。大きなグラスで価格もお手ごろなので、一度試してみてください!

    ただし、安全に気をつけてのみ過ぎないようにしましょう。
    アメリカ旅行で初めてのバーを楽しむ方法(お店選び~入店編)
    アメリカ旅行で初めてのバーを楽しむ方法(支払い編)

    このライフレシピを書いた人