\ フォローしてね /

お皿の安全な荷造り方法

このライフレシピのもくじたたむ

引越しで気をつけたいのがワレモノの扱い方です。ダンボールの取り扱いを気をつけたとしても、ダンボール箱の中で壊れてしまっては困りますよね。特に食器類は、頑丈な箱に入れていても、箱の中でふづかりあうことで割れたり欠けたりしてしまいます。

安全に運送してもらえる、お皿の荷造りの仕方を、ご紹介します。

利用するもの

  • プチプチ
  • キッチンペーパー

プチプチは、いわゆる梱包材です。空気の細かい泡がシートに作られていて、割れを防止してくれます。

キッチンペーパーは、滑り止め効果です。たいてい「お皿」の大きさに合っているものです。そのキッチンペーパーで、お皿が「滑り動く」のを防止するのです。

キッチンペパーはロール状で売られているタイプのものが、経済的でオトクです。キッチンペーパーを使用すると、お皿が汚れることもありません。

お皿の梱包方法

ダンボールの中に、お皿を入れるとき、お皿を「包んで」おきます。さらに、お皿とお皿との間に「キッチンペーパー」を挟むのがポイントです。重ねたお皿は「プチプチ」で包みます。

STEP1:安全な土台

プチプチを下に敷きます。プチプチを土台にして、お皿を重ねていきます。

STEP2:お皿を重ねる

お皿を置きます。お皿の上に、キッチンペーパーを1枚乗せます。その上にお皿を置きます。

お皿とお皿の間にキッチンペーパーを挟みます。キッチンペーパーを挟むだけで、お皿は保護されます。お皿とお皿を直接重ねてしまうと、削れるような細かな傷がつきやすくなってしまいます。

キッチンペーパーには「滑り止め」の効果があります。滑り止め効果のあるキッチンペーパーを、お皿とお皿の間に挟んでおくことで、お皿の「動き(滑り)」を止める効果があるのです。

同じ大きさのお皿、同じタイプ(形状)のお皿で重ねるのがポイントです。

STEP3:カバーする

上からプチプチを乗せます。全体を紐で縛ると、なお効果的です。紐は荷造り用のPP紐などでOKです。

以上の手順を踏まえておけば、あとはダンボール箱に入れればOKです。

おわりに

お皿は「ワレモノ」ですが、決して怖がる必要は、ありません。新聞紙を使用しないので、お皿が汚れることがありません。荷造りでポイントになるのは、ダンボール箱の中で「滑って動かない」工夫をすること。引越しに限らず、荷物としてお皿を送るときに、ぜひ活用してください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。