1. 趣味
    2. 猫じゃらしを簡単に作る方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    猫じゃらしを簡単に作る方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    はじめに

    猫と仲良くなるためには、エサを与えたり、トイレの掃除などの世話のほかに、オモチャで遊んでやる事もとても大切です。

    ペットショップへ行けば猫じゃらしは簡単に手に入りますが、ここではあまりお金をかけずに猫じゃらしを作る方法をご紹介します。

    猫じゃらしを作る方法

    準備する物

    • 竹などの細くて長めの棒(簡単に折れそうにない物なら何でも大丈夫です)
    • リボン(紐でもよいのですが、からみにくい事を考えるとリボンがベストです)
    • 接着用のテープ(セロテープなど)

    作り方

    これは竹でできた棒です。猫はこれだけでもオモチャとして遊びたがります。

    リボンを適当な長さに伐った物を8本ほど用意します。

    切ったリボンをセロテープなどの上に並べます。この時接着面を左右と下側に残すようにします。

    あとはこのリボンのついたテープを竹などの棒にくるくると巻いていきます。

    テープに張り付けたリボンはこのように少し間隔をあけると、より接着しやすくなります。

    巻き終わりもテープが棒をぐるりと一周するぐらい残しておくと、しっかり接着することができます。

    遊び方

    作った猫じゃらしを振り回すだけで猫はとても喜びます。

    ただし、このように振り回すだけで遊ぶのは本当に小さな仔猫の時だけです。

    猫も少し大人になると、遊びの中にも狩りの要素を取り入れた遊びを好むようになります。

    猫は本来「待ち」の狩りをする生き物ですので、よく観察いればわかるように物陰に隠れてジッと様子を伺っていることがあります。

    この狩りをするという欲求を満たしてやれるように、猫じゃらしも物陰に隠してカサカサと音がするように動かしてみたり、絶えず動かすのではなく時には小動物が気配を伺っているように猫じゃらしの動きを止めてみると、猫は本能を刺激されてとてもよく遊びます。

    おわりに

    高価な物でなくとも簡単に作ったオモチャでもよく遊びますし、そのおもちゃの動かし方一つでもあなたと猫はもっと仲良くなれるはずです。
    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人