1. コミュニケーション
    2. 封筒・便箋・はがきの書き方マナー

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    封筒・便箋・はがきの書き方マナー

    ここでは、一般的な封筒・便箋・はがきの書き方マナーについてご紹介します。

    改まった時の封筒・便せんの選び方

    改まった手紙では、封筒や便せんの選び方にも気をつけましょう。

    二重の和封筒

    正式な手紙は二重の和封筒(縦長のもの)を使いましょう。色は白が良いでしょう。ただし弔事の場合は重なることを嫌うため、一重のものにします!

    白地の上質紙の便せん

    便せんは白地の上質紙の便せんを使うのが正式です。格式を重んじる場合は、縦書きにしましょう。

    儀礼的な手紙や格式を重んじる場合は、筆記用具も万年筆か毛筆を使いましょう。

    和封筒の書き方

    表面

    • 住所は郵便番号から1cm程空けて書き始めます
    • 住所は宛名よりも小さめに書きます
    • 2行にわたるときは、2行目は1〜2字下げて書きましょう
    • 宛名は封筒の左右中央に、住所よりも1字くらい下げて大きく書きましょう

    裏面

    • 住所は中央のとじ線の右側、名前はとじ線の左側に書きます
    • とじ線の左側に郵便番号の枠が印刷されているときは、住所も名前も左側に書きましょう
    • 名前は住所より大きめに書きます
    • 日付は、封筒の左上に漢数字で小さめに書きます

    封筒はのりで封じる

    封筒はのりで封じ、セロテープやホッチキスは用いないのが正式です。和封筒の封じ目には「〆」、「封」などの封字を書きます。

    慶事のときは、「寿」「賀」が使われることもあります。

    洋封筒(横書き)の書き方

    表面

    • 住所は宛名より小さめに書きます
    • 住所が2行にわたるときは2行目を1〜2字下げて書きます
    • 宛名は封筒の左右中央に、住所よりも1字くらい下げて大きく書きます
    • 切手は右肩に貼ります

    裏面

    • 住所・氏名は左右中央かやや右寄りに書きます
    • 日付は住所の左上に住所の左上に小さめに書きます
    • 封字は不要です!

    洋封筒(縦書き)の書き方

    表面

    表面は和封筒の書き方と同じです。

    裏面

    慶事に関する文書や一般の文書は「右封じ」で、弔事に関する文書は「左封じ」にします。和封筒のときと同じように、封字も入れます。

    はがきの書き方

    縦書きの場合

    • 郵便番号から1cm程度あけて、住所を書き始めます
    • 住所は宛名より小さめに書きましょう
    • 住所が2行にわたるときは2行目を1〜2字下げて書きます
    • 宛名は、住所よりも1字くらい下げて、左右中央に大きく書きます
    • 送り主の名前の終わりが、宛名の「様」より下にくるように書きます

    横書きの場合

    • 切手から2cm程度下から住所を書き始めます
    • 住所は宛名より小さめに書きましょう
    • 住所が2行にわたるときは2行目を1〜2字下げて書きます
    • 宛名は住所よりも1字くらい下げて、左右中央に大きく書きましょう
    • 送り主の名前の終わりが、宛名の「様」より右にくるように書きます

    注意点

    • 社名や肩書きを入れる場合、社名は(株)(有)などと省略しません
    • 敬称の書き方についても注意します
    • 宛名を社名や団体にする場合の敬称は、「様」ではなく「御中」とします
    このライフレシピを書いた人