1. 暮らし
    2. ひな人形の正しいしまい方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ひな人形の正しいしまい方

    日本には、女の子の健やかな成長を祝う、華やかな儀式があります。それがひなまつりです。3月、桃の花が綺麗に咲き誇る頃に、ひな人形を囲んでお祝いをします。

    そんなひな祭りが終わったら、また来年もきれいに飾れるようにきちんとしまっておかなくてはいけません。ひな人形をしなう時に注意したいこと、ひな人形のしまい方について、ご紹介します。

    その1:しまう時期

    ひなまつりの3月3日を過ぎたら、なるべく早くしまうようにしましょう。

    出したままにしておくと、お人形を汚したり痛める元にもなりますし、昔からの言い伝えで、婚期が遅れるということ言われています。

    その2:しまう日の選び方

    お天気

    お天気の悪い日は空気中の湿気が多いので、湿気を一緒に収納してしまいがちです。場合によっては、しまっている間にカビが発生してしまうことも。

    よく晴れて、空気が乾燥した日 にしまいましょう。

    その3:しまい方

    しまう前に

    来年飾るときのために、並べ方などの参考になるように、写真を撮っておくのがお勧めです。

    お人形のほこりを払う

    まずは、付属の毛ばたきで、飾っておいた間についたほこりを払いましょう。お人形の頭、顔、着物、道具など、パッと見で綺麗なようでも、ほこりがついているものです。

    毛ばたきがない場合は、太めの筆を柔らかにほぐしたものや、静電気でほこりを取るハタキのようなものを使っても構いませんが、未使用のものを使うようにしましょう。

    小物をはずす

    おひな様やお内裏様の持っているものや、頭につけているものなど、はずせる小物ははずしましょう。

    細かい小物類は、誰の付属品か書いた小袋に入れてしまっておくと、来年飾るときに戸惑いません。

    小物、お道具は綺麗に拭く

    ほこりをよく払ってから、乾いた布で台や小物、お道具などをきれいに拭きましょう。

    包む

    お人形の顔は柔らかい布、紙などで包みます。ティッシュペーパーでも大丈夫です。髪型を崩さないように注意しながら、ふんわりと軽く包みます。着物も型くずれさせないように注意しながら、胴体も紙か布で包んでおくようにしましょう。

    ひな人形専用の、防虫加工のされた不織布や、収納用の袋などもドラッグストアで販売されています。そういうものを利用するのもよいでしょう。

    防虫剤を入れる

    前項で触れたような、包むタイプの防虫剤以外の場合、直接お人形に触れないよう注意することが大切です。必ず人形用の防虫剤を使うようにしましょう。

    しまう場所

    なるべく湿気のない場所で気温差の激しくない場所が好ましいです。押入れ上段、または天袋などがよいでしょう。

    注意事項

    お人形の顔に触れない

    お人形の顔に直接触ったり、小物をはずすときに顔に当てたりしないよう、注意しましょう。

    すぐにしまえない場合

    お天気が悪い、体調などの理由ですぐにしまえない場合もあると思います。そんなときは、ひな祭りの日を過ぎたら、おひな様を後ろ向きにしてあげましょう。おひな様は眠ったということになりますよ。

    おわりに

    大切なおひな様ですので、来年も綺麗に飾れますようにしまいましょう。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ