1. コミュニケーション
    2. お中元・お歳暮のあいさつ状と礼状の書き方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お中元・お歳暮のあいさつ状と礼状の書き方

    お中元やお歳暮には、挨拶状やお礼状はつきものですよね。上司であったり、お取引さきなどのビジネスのお付き合いであれば、より大切にしたいものです。

    ここでは、お中元・お歳暮のあいさつ状と礼状の一般的な書き方についてご紹介します。例文を参考に、丁寧に書いてみてくださいね。

    お中元・お歳暮には

    お中元・お歳暮を贈る場合は、送り状を兼ねたあいさつ状を出し、お中元・お歳暮を贈られた場合は、お礼状を出すのがマナーです。

    あいさつ状

    最近は、お中元・お歳暮などの季節の贈り物は、デパートなどから先方へ直送するのが一般的になっています。品物を贈る場合は、送り状を兼ねたあいさつ状を出すのがマナーです。

    あいさつ状は、はがきでOKです。遅くとも品物が届く日までには送るようにします。品物と一緒に送るときは、便せんやカードに書いたものを封筒に入れた上で送ります。

    本来はがきは、メモ書きですので目上の人には失礼といわれています。「はがきにて失礼します」と一言入れると丁寧で良いでしょう。

    あいさつ状・送り状の基本パターン

    • 1:前文・時候のあいさつ
    • 2:感謝の気持ちを伝える言葉
    • 3:品物を送ったことを知らせる
    • 4:末文・結びの言葉

    お礼状

    お礼状は「厚意を受けたらすぐに」が原則です。お中元やお歳暮が届いたら、その日のうちに、遅くとも3日以内には出すようにしましょう。

    目上の人などへ出すお礼状は形式を整えて前文から書きます。プライベートの礼状はフリースタイルで書いてかまいませんが、うれしかった気持ち、感謝の気持ちが伝わるように書きましょう。

    お礼状を出すのが遅れてしまった場合も、出さないよりは出したほうが良いでしょう。お詫びの言葉を冒頭に添えて、ただし言い訳がましくならないように書きましょう。

    お礼状の基本パターン

    • 1:前文・時候のあいさつ
    • 2:品物が届いたことの報告とお礼
    • 3:いただいた品への具体的な感謝や感想
    • 4:末文・結びの言葉

    お中元のあいさつ状・例文

    拝啓 梅雨明けと同時に厳しい暑さが続いておりますが、山本様におかれましては、ますますご健勝のことと心よりお喜び申し上げます。
     平素は主人が大変お世話になり、まことにありがとうございます。
     本日は、ささやかながらお中元の品を朝日デパートよりお送りいたしました。ご笑納いただければ幸いに存じます。
     今後とも一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。今夏は猛暑との予報ですが、なにとぞご自愛のうえお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。
     まずは取り急ぎごあいさつまで。            敬具
                               高橋信一 内
    夫の代理で妻が書く場合は夫の名前で書き、左下にやや小さく「内」と書き添えます。相手と親しい場合は、妻の名前にしたほうがよいでしょう。

    お歳暮のお礼状・例文

    当地名物のからっ風が、日増しに強まる今日この頃です。
     先日は、各国ビールの詰め合わせセットをお贈りいただき、本当にありがとうございました。初めて目にする銘柄ばかり、ビールを味わいながら世界各地へ思いを馳せております。さながらグラス片手の小旅行といったところでしょうか。夫婦ともども楽しませていただいております。
     今年も残り少なくなりました。お仕事は、多忙極まるときでしょうが、くれぐれもお風邪など召されませんように。
     どうぞよいお年をお迎えください。           敬具

    メールでもいいか?

    プライベートで親しい間柄なら、あいさつ状や礼状もメールでも良いでしょう。しかし、相手が目上の人や職場関係の場合は、はがきや手紙など文書で出すのがマナーです。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人