\ フォローしてね /

あとで見やすく!撮った写真の上手な保存方法

皆さんは、撮影した写真をどのようにしていますか?カメラに入れっぱなしだったり、パソコンにまとめて入れてしまい収集が付かない状態になっていませんか?

せっかく撮った写真、上手に保存してあとで楽しく見られるようにしてはいかがでしょうか。今回は、写真の上手な保存方法をご紹介したいと思います。

フォルダにひと工夫

あとで見たときに見やすくするためには、フォルダの名前付けなどは重要です。これをちゃんとするかしないかで、あとの作業効率に大きな差が出てきます。

まず、写真というフォルダを作り、その中を更にフォルダ分けしていきます。

日付をつける

写真をPCに取り込むときに、日付別に取り込んでいきます。同じ日付の物を1つのフォルダにまとめていきます。

2011.01.19

と、フォルダを作ったら、その中には1月19日に撮った写真を入れていきます。

ここでのポイントは、1月1日だったら『01.01』にすることです。「0」をつけることにより、名前順にしたときにちゃんと並ぶようになります。

日付の後ろに名前をつける

2011.01.19

という、フォルダを作るときにもう一工夫。その日が子供の1歳の誕生日だとしたら

2011.01.19_hanako_1stBD

と、アンダーバーで区切り、名前をつけます。

わざわざ子供の名前を入れるのは、あとで兄弟が増えたときのことを考えてです。筆者は3人子供がいるのですが、名前を入れないと西暦から年齢を考えなければならなく、フォルダの名前だけを見たときに誰の何歳の誕生日か一瞬わからないので、名前入りが便利です。

お気に入りの写真は、名前を変える

たくさん撮った写真の中でも、これは良く撮れたと自画自賛したくなるようなお気に入りの写真もありますよね。日付別にまとめた後に、お気に入りの写真を数枚選び出し、名前を変えておきます。

IMG_0001.jpg→01.jpg

など、名前はなんでもOKです。お気に入りの写真の名前を変えておくことで、フォルダを開いたときに、選び出した写真がまとまって上のほうに出てきます。

お気に入りの写真はプリントアウト

こうやってまとめておいても、信用が置けないのがデータです。DVDに書き込んで保存したり、HDごと保存する方法もありますが、やっぱり不安…。サーバーを借りてそこに保存しておくこともできますが、アルバムにして手元に残しておくのが、1番楽しめて1番安心できます。

そして、プリントアウトするときは、おうちプリントではなく、写真屋さんにお願いするほうが写真が長持ちします。

マスキングテープなどを使ってアルバムを作ると、友達に見せても可愛いアルバムが出来上がります。

撮ったらその日に整理しよう!

まとめてやると大変ですので、撮ったその日かその週末には、写真を整理すると決めましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。