1. 暮らし
    2. 弔問できないときのお悔やみ状の書き方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    弔問できないときのお悔やみ状の書き方

    ここでは、弔問できないときのお悔み状の一般的な書き方についてご紹介します。

    通夜や葬儀に参列できない場合

    事情があって通夜や葬儀に参列できない場合は、手紙でお悔やみを述べます。訃報を受けたらすぐにお悔やみ状を送るのがマナーですが、遅くとも初七日までには出すようにしましょう。

    お悔やみ状は、目上の人であっても時候のあいさつなどは省き、主文から書き始めます。そのため、「拝啓」などの頭語は入れませんが、「かしこ」などの結語は入れることもあります。

    参列できない理由について

    葬儀に参列できない理由について、詳しく書く必要ありません。

    • 出産や結婚式などの慶事と重なった場合は「やむを得ない事情で」とします
    • 遠隔地の場合は「遠路につき」「遠路ままならず」などとします
    • 体調不良の場合は「療養中で」などとします

    お悔やみ状の決まりごと

    お悔やみ状は、はがきではなく、必ず封書にします。封筒や便せんは色柄ものを避け、白無地のものを選びましょう。封筒は、現金書留で香典を同封する場合はやむを得ませんが、不幸が重なることを避ける意味から、二重封筒ではなく一重のものを選びます。

    お悔やみ状の一般的な流れ

    • 訃報を知った驚き、悲しみ
    • お悔やみの言葉
    • 遺族への慰めと励まし
    • 弔問に行けないことのお詫び
    • 香典を同封する旨を書き添える

    お悔やみ状の不適切な言葉

    お悔やみ状を書く場合、避けたほうが良い言葉があります。たとえば不幸が繰り返すことを連想させる「たびたび」「ますます」などの重ね言葉は使わないようにします。また、お悔やみ状は繰り返しを嫌うことから追伸は書きません。

    避けたほうがいい言葉

    • 生々しい表現 「死亡」「死ぬ」「滅びる」
    • 繰り返し言葉 「重ね重ね」「たびたび」「ますます」「次々」「再び」「重々」「折り返し
    • 神式・キリスト教で避ける言葉 「冥福」「成仏」「冥土」「仏」
    • 仏式で避ける言葉 「迷う」「浮かばれない」

    よく使われる表現

    • 謹んで御冥福をお祈り申し上げます。
    • ご永眠の報に接し、なんとお慰めすればよいのか、言葉も見つかりません。
    • ご急逝されたとのお知らせを受け、心よりお悔やみ申し上げます。
    • どうかご落胆のあまり、お体に障りませんよう、ひとしおご自愛くださいますようお祈り申し上げます。
    • さぞご無念のことと拝察します。
    • お嘆きいかばかりかと、胸が痛みます。
    • どうか、一日も早く元気を取り戻されることをお祈りするばかりです。

    お悔やみ状・例文

    • 母親を亡くした知人へのお悔やみ状
    母上様突然のご逝去、心からお悔やみ申し上げます。手術後、経過も良好とお聞きしておりましたのに、こんなに急にご容態が変わるとは・・・・。お慰めの言葉もございません。
    さぞ落胆されていることと思いますが、どうかお気を強くもたれますように。
    本来ならばさっそくご弔問にお伺いするところですが、遠路ままならず、まずは略儀ながら書中にてお悔み申し上げます。
    心ばかりではございますが、御香典を同封させていただきましたので、御霊前にお供えください。
    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ