1. コミュニケーション
    2. 日本酒・ビールの注ぎ方と受け方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本酒・ビールの注ぎ方と受け方

    ここでは、一般的な日本酒・ビールの注ぎ方と受け方についてご紹介します。

    乾杯の席では

    会席料理は、乾杯するところから始まります。注ぎ方や受け方など、酒の基本ルールをおさらいしておきましょう。乾杯の酒は、日本酒かビールが多いようです。他に飲みたい酒があっても、乾杯だけは周りにあわせましょう。

    酒が飲めない人も、最初の一杯だけは付き合うのが礼儀です。一口も飲めない場合は飲む真似をするだけでも良いので、注がれるのを断らないようにしましょう。

    日本酒の飲み方

    日本酒は甘みやスパイスのきいた料理でも、その味を殺しません。魚介や魚卵の生臭さも見事に消します。

    注ぎ方

    銚子の中央を右手で持ち、左手を添えます。杯の8~9分目を目安に注ぎ入れたら、手首を回すようにして、しずくがたれるのを防ぎます。

    注ぎ初めと終わりは少量ずつゆっくり入れるのがポイントです!

    受け方

    杯の底を両手で持ち、相手に差し出します。酒が残っている場合は、飲みほしてから受けるようにしましょう。

    注いでもらった酒は、会釈して口をつけるのがマナーです。

    飲み方

    両手で杯を持って飲みます。一気に飲み干さないようにしましょう。

    ビールの注ぎ方

    乾杯の定番がビールです。ビールもうまく注げるようになると良いですね。

    STEP1

    右手で瓶の底部分を持ち、左手で支えます。

    STEP2

    最初はおだやかに、次にいきおいよく泡を立てて注ぎます。

    STEP3

    泡がしずんで、水位が下がるのを見計らって、泡を持ち上げる感覚でゆっくり注ぎましょう。

    STEP4

    こんもりと泡がグラスをはみだすくらいに、そっと注いで完成です。泡とビールが3:4が黄金比率とされています。

    乾杯の仕方

    STEP1

    乾杯までは、右手でグラスを持ち、左手で支えます。

    STEP2

    「乾杯!」の声と同時にグラスを目の高さまであげて会釈をします。正式な場では、グラスを打ち合わせません。

    このライフレシピを書いた人