1. 暮らし
    2. 布団の正しい干し方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    布団の正しい干し方

    よく知られていることですが、人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかいているといわれています。

    ですので、起きてからすぐ押入れにしまうのは良くありません。起きたあとは掛け布団をはいだまましばらく置いてからにしましょう。

    布団はどれぐらいの頻度で何時間干せばいい?

    布団干し頻度と時間は、ふとんの材質によって異なります。

    木綿わた

    • 1週間に2回、3~4時間

    合繊わた

    • 1週間に1回、2~3時間

    羊毛ぶとん

    • 1か月に2回、2時間・陰干し

    羽毛ぶとん

    • 1か月に1回、夏場は30分/冬場は1時間・陰干し
    布団の材質が羊毛や羽毛の場合は、直射日光にあてると劣化してしまうので陰干しに!

    午前10時~午後3時までに干す

    では、布団を干す時間帯はいつでしょうか。

    布団を干す際の基本は「湿気の少ない時に干す」ということがあります。ですので、理想は午前10時~午後3時まで

    布団は湿気を吸いやすいので夕方まで干すとかえって湿っぽくなります。冬なら午後1時までにはとりこむようにしましょう!

    両面干すこと

    布団は片面だけを干すのではなく、途中で裏返して両面を日にあてるようにしましょう。しっかり乾燥させるのがコツ。

    寝ている間に湿気が裏面へ浸透しているので、裏面を長めに干すのがポイント

    カバーやシーツはかけたままがGood

    直射日光は布団を傷めてしまいます。布団を干す際はカバーやシーツをつけたまま干すようにしましょう。

    さいごに

    今まで自己流で布団干しをしてきた、という人もたくさんいらっしゃるかと思います。布団の材質によって干す時間帯や頻度が違うので自分の布団のものを是非覚えておいてください。

    羊毛や羽毛は自然に湿気を吸収したり放出したりするので、木綿わたに比べて干す回数は少なくて済みます。忙しくてあまり布団を干す機会がとれない、という人は羊毛布団、羽毛布団に変えるのも一つの手ですよ!

    (image by amanaimages)
    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ