\ フォローしてね /

辛い就職活動を乗りきるための3つの心得

大学生の内定率が低下し、就職希望者には厳しい状況が続いています。なかなか内定が得られず、心が折れそうになることだってあるでしょう。

そこで、当記事では、辛い就職活動を乗りきるための3つの心得について解説します。

その1:「就職活動はチャンス」と心得る

就職活動は、体力的にも精神的にも大変厳しいものがあります。しかし、考えようによっては、就職活動は一生に一度のチャンスともいえるのです。

というのも、エントリーするだけなら、どこの企業にもエントリーすることができます。エントリーすれば、普段、消費者視点ではなかなか知ることのできない様々な企業の内部を垣間見ることができるのです。

また、選考のいくつかの過程を経れば、会社役員との面接があります。会社役員といえば、実際に社会人として働き始めると、雲の上のような存在です。サシで話が出来るようになるまで、何年かかるか分かりません。

そういう普段は接することの出来ない立場の人と、直接対話することが出来るというのは、就活生ならではの特権なのです。

就職活動は一生に一度のチャンスです。辛いことも多いでしょうが、一大イベントだと思って楽しんでみてはいかがでしょうか。

その2:面接時は「俺様(私)最高」と心得る

日本人は、「謙遜が美徳」と考える傾向があります。しかし、就職活動に限っては、謙遜は必ずしも素晴らしいものとは限りません。

もちろん、傲慢になる必要はありません。それに、就職活動では、客観的に自己分析して、自分の欠点を把握しておくことも大切です。

しかし、実際に面接を受ける段階では、なるべく堂々と「俺様(私)最高」という精神を持つべきです。お笑いコンビ「オードリー」の春日さんをイメージすればよいでしょう。

謙遜しがちな日本人としては、面接のときだけは「自分を採らなきゃ会社が損しますよ」というオーラを出すくらいでちょうどいいのです。

その3:「悪いのは伝え方」と心得る

さて、前述のように、「俺様最高」精神で臨んだ面接の結果、不採用となってしまうと、ショックが大きいですよね。まるで、自分の人間性を否定されたかのように感じる人も多いのではないでしょうか。

不採用の場合、敗因分析はじっくり行わなければなりません。しかし、あまり悲観的になりすぎると、次の一歩が踏み出せなくなります。

「不採用になったのは、自分の人間性ではなく、伝え方に問題があるのだ」と考えるべきです。就職活動まで、自分をアピールする機会などほとんどなかったのですから、うまく伝えられなくて当然ですよね。

大事なことなので繰り返しますが、「悪いのは伝え方」なのです。自分自身を責めるのではなく、「どうすれば自分の良さをもっとうまく伝えることができたのか」を分析すると、面接は必ず上達します。

おわりに

辛い就職活動を乗りきるための3つの心得についてご理解いただけたでしょうか。どうしても辛い気持ちになることもあると思いますが、スッと切り替えて引きずらないようにしましょう!

当記事が、あなたの就職活動のヒントになれば幸いです。頑張ってください!

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。