1. 暮らし
    2. いまさら人に聞けない銀行口座の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    いまさら人に聞けない銀行口座の作り方

    誰しもが一つは銀行口座を持っていると思いますが、その口座を新しく作る際に、どうすればよいかご存じでしょうか?バイトや就職が決まり、新しく口座を作る必要が出てきたときに焦らないよう、事前に必要な手順を押さえておきたいところですよね。こちらでは、銀行口座の作り方を紹介しています。印鑑や住所・身分を証明できるものなどの必要物から、はじめに入金するお金についてなど、まずは目を通しておきましょう!
    このライフレシピのもくじたたむ

    銀行の口座を開設するというのは、社会人にとってはごくごく当たり前のことです。しかし、今まで作ったことがない、という人にはちょっと不安になる一瞬ですね。

    ここでは、いまさら人には聞きづらい、銀行口座の作り方をご説明します。

    前提知識

    作れる人は?

    銀行口座は15歳以上であれば一人で誰でも作れます。学生でも無職でもかまいません。

    外国人でも大丈夫ですが、「外国人登録証明証」を身分証明書にするとスムーズのようです。

    お金はかかるの?

    開設するのにお金はかかりません。最初に入金用のお金を求められることもありますが、1円でもかまいません。

    なんとなく格好がつかないと思う場合は100円とか1000円とか用意すればよいでしょう。

    同じ銀行のカードって作れるの?

    同じ銀行内で複数の口座を作ることも可能ですし、ちゃんとした理由があれば、同じ支店で口座を作ることも可能です。

    ただし、明らかに不審な作り方をしている止められる可能性はあるので注意してください。

    持って行くもの

    身分証明書

    以下のような、身分を証明できるものを持って行きます。

    • 免許証
    • 学生証
    • 健康保険証
    • パスポート
    • 住民票の写し

    お金

    最初に入金するお金です。0円でも大丈夫な場合が多いですが、1000円くらい持って行くとスムーズです。

    印鑑

    実印じゃなくてもOKです。

    時間

    だいたいの銀行の営業時間は9時〜15時です。その間にいきましょう。

    9時の銀行があけたあたりか、14時くらいがすいていてオススメです。逆に12時前後は非常に混むので避けたほうが無難でしょう。

    やり方

    銀行にはたいてい案内をしてくれる人がいるので、その人に「銀行口座を作りたいんですが…」と聞いてみるのがよいでしょう。

    たいていは用紙を渡され、それに記入すれば出来てしまいます。混んでいなければ、時間は30分かからないと思って結構でしょう。

    Twitterで紹介!

    このライフレシピを書いた人