\ フォローしてね /

西暦を和暦に変換する方法

履歴書や職務経歴書を書く時、役所に届け出をする時に「平成何年だったかなぁと」和暦を忘れてしまうことってありませんか?

そんな時に便利な西暦を和暦に変換するサイト、計算方法をご紹介します。是非参考になさってください。

パソコンがない時に西暦を和暦に変換するには…二桁の数字を覚えておくだけで西暦を和暦にすることが可能です。

明治に変換する

(数式)明治=西暦-67。または西暦+33
(例)西暦1874年(74年)を和暦に変換する方法
   74-67=明治7年

大正に変換する

(数式)大正=西暦-11
(例)西暦1917年(17年)を和暦に変換する方法
   17-11=大正6年

昭和に変換する

(数式)昭和=西暦-25
(例)西暦1975年(75年)を和暦に変換する方法
   75-25=昭和50年

平成に変換する

(数式)平成=西暦+12
(例)西暦2005年(05年)を和暦に変換する方法
   05+12=平成17年
平成の計算式は足し算、それ以外は引き算であることを覚えておきましょう。
計算式の中にある西暦は下二桁のみ利用します。

とても簡単な計算式でしたね。平成と昭和の2桁を覚えておくといつでも、どこでも簡単に計算できますよね。

おわりに

スマホやサイトで調べるのが一番簡単ですが、いざという時は計算式が役立つと思います。ぜひ参考になさってくださいね。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。