1. コミュニケーション
    2. 病気や災害のお見舞い状の書き方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    病気や災害のお見舞い状の書き方

    ここでは、一般的なお見舞い状の書き方についてご紹介します。

    お見舞い状を書くときは

    すぐに出しましょう

    病気や災害へのお見舞い状は、こちらが相手を案じていることを伝えるためのものですから、報に接したら何をおいてもすぐ出すようにしましょう。

    前文は省略

    文面は時候のあいさつなどの前文は省略して、すぐに主文に入ります。目上の人に出す時は、「急啓」などの頭語を入れると良いでしょう。

    元気づけるような文面で

    文面は相手を元気づける内容であることが大切ですが、相手に無用なプレッシャーを与えないように、言いまわしには配慮が必要です。親しい友人でも「がんばって一日も早くよくなって」という気持ちをそのまま書くより、「また、○○さんのキビキビ働く姿に接することを楽しみにしています」など前向きな言いまわしで相手を勇気づけましょう!

    災害見舞いの場合は、相手を慰めると同時に、心からの励ましを伝えましょう。被災を何で知ったかを伝え、援助を申し出る場合は具体的にサポートできる内容を書きます。

    病気見舞いは封書で

    病気見舞いは、原則として封書で出しましょう。

    よく使われる表現

    病気のお見舞い

    • 無理がたたられたのでしょうか。どうぞこの際に、ゆっくりご静養なさってください。
    • しばらくは治療に専念なさいますように。
    • 事故に遭われたと聞き、大変驚いております。幸い、軽いけがとのことで安堵いたしました。
    • 手術もい無事に終わり、経過もい順調とのことで、ほっといたしました。

    災害のお見舞い

    • ご心痛いかばかりかとお察し申し上げます。
    • このたびの被災のこと、心よりお見舞い申し上げます。
    • どうかお力を落とされず、お気を強くもたれますように。
    • 皆様、おけがのなかったことが、せめてもの慰めです。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人