1. 暮らし
    2. お葬式の席で気をつけたいマナーと言葉遣い

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お葬式の席で気をつけたいマナーと言葉遣い

    お通夜、お葬式と言ったお悔やみの席に参列する場合には、故人や遺族・近親者に対するマナーや言葉遣いに配慮することが必要です。

    ポイント1: 受付でのマナー

    手順

    • 受付で一礼
    • お悔やみの言葉を述べる 「このたびはご愁傷様でございました」が一般的ですが、言葉にならない場合は、深く礼をするだけでも気持ちは伝わります。
    • ふくさから香典を出し、受付をしている人に向けて両手で差し出す
    香典袋には中包みがあれば中包みに、なければ裏に住所・金額を書く
    • 会葬者名簿があれば記帳する
    会葬者名簿にも住所を書く
    • 「お参りさせていただきます」と言ってから一礼する

    ポイント2: 式場でのマナー

    遺族へ直接あいさつに出向くのは控える

    遺族と目が合った時や、焼香の際に目礼をします。どうしても伝えたいことがある場合やお悔やみを述べたい時には、世話役の方に遺族を呼んでもらうか席まで案内していただきます。

    焼香

    自分の番には速やかに前に進み出て焼香します。

    出棺

    最後の対面を済ませ出棺となります。故人を見送る最後となりますのでこの時まで待つことが礼儀です。霊柩車を見送る際には頭を下げ、手を合わせて故人の冥福を祈りましょう。

    ポイント3: 使ってはいけない忌み言葉

    お葬式の席上では、使ってはいけないとされる忌み言葉があります。

    不幸が重なるようなイメージを与える重ね言葉

    • 重ね重ね
    • 返す返す
    • 次々と
    • たびたび
    • くれぐれも

    「生死」をイメージさせる言葉

    • 死亡
    • 死去
    • 生存中

    不幸を連想させる言葉

    • つらい
    • 苦しい
    • 迷う

    おわりに

    通夜、葬式に参列するという事は人生の中でそうたびたびあるものではありません。難しい言い方をするよりも忌み言葉を避けて無難な言い回しをし、心の中で故人の冥福を祈ることが一番大切です。

    葬儀場でのちょっとしたお役立ち

    喪服の靴と言えば誰もが黒い靴ですが、靴を脱いで式場に入らなければならない場合たくさんあると探すのも一苦労です。

    そんな時のために、洗濯ばさみを一つバッグに忍ばせます。脱いだ自分の靴を洗濯ばさみで左右止めておけば、履く時にもすぐに見つけられます。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人