\ フォローしてね /

赤ちゃんの授乳写真をわかりやすくキレイに撮るコツ

ちいさな口をせいいっぱい使って「んぐっんぐっ」とおっぱいをくわえる姿はかわいさの宝庫。

今回はそんな姿を写真に残したいとき、知っておいてほしいことを紹介します。

本記事は、kodomocameraのご協力により、2010年に執筆されたものです。

赤ちゃんの口を隠さない

はじめは「赤ちゃんの口を隠さない」こと。

授乳用の服は、外出先でも恥ずかしくないように、赤ちゃんの顔や、おっぱいを隠すように作られています。そのため、そのまま写真を撮ってしまうと、ただ抱っこしているような写真に見えてしまいます

ママが着る服装でオススメは、前開きの白いシャツなどのお医者さんに診てもらうときのような服装。記念の1枚としてぜひ、おっぱいと赤ちゃんの口がはっきり写った1枚にチャレンジしてみてください。

もちろん、いつもの授乳服で顔がちょっと隠れた感じも、それはそれで残すべきひとつの自然な姿です。

2人の表情が同時に写るように

せっかくの授乳写真ですから、ママが赤ちゃんに向ける暖かいまなざしと、そんなママを見つめ返す赤ちゃんの瞳、2人の表情がわかるように写したいところ。

そのために気をつけるとよいのが、抱っこのしかた。顔が隠れがちな抱き方でも、ほんの少し角度を変えてみたり、ちょっと体を起こしてあげるだけで、ちゃんと赤ちゃんの顔は見えるようになります。

ファインダー越しの自分たちの姿をイメージするのはなかなか難しいので、全身が映る姿見などを使って、赤ちゃんの顔が見えるか実際に見てみると、わかりやすいです。

アップで撮ってみよう

おっぱいを飲む赤ちゃんのアップの写真には、大きく分けて、2種類の撮りかたがあります。

1つ目が、パパ目線でのアップ

ママと赤ちゃんの正面&赤ちゃんの目線の高さから、横顔をフレームいっぱいに写してあげるのが基本のコツ。

一所懸命におっぱいをくわえる横顔は、普段はママが見たくても見れない姿。そのかわいさ、愛おしさを教えてあげましょう。

2つ目は、ママ目線でのアップ

ママの肩ごしに、赤ちゃんを上から見下ろすように、レンズの広角側を使って撮影するのがオススメ。いつもママが見ているアングルからの写真は、おっぱいを卒業してから見返したときに、より懐かしさを感じさせてくれるでしょう。

赤ちゃんの目線を狙っても割と自然に写すことができるのも、うれしいメリットです。

今回紹介した撮りかたは、直接与えているときだけでなく、哺乳瓶からあげているときにも応用ができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

(text & photo by Ai Nakamura)
(イラスト by にしだたまみ)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。