\ フォローしてね /

野外フェスでトイレをスムーズに利用するためのコツ

野外フェスとは・・・野外で行われる音楽フェスティバル。夏に行われるイベントが多いので、夏フェスと呼ばれるイベントも多い。

「トイレを制するものは、フェスを制する」と言っても過言ではないほど、トイレのタイミングで一日のスケジュールは決まってしまう。大事なアクトを見逃さない為にも、野外フェスでスムーズにトイレを利用するための心得を記しておこう。

本記事は、FestivalLifeのご協力により、2010年に執筆されたものです。

1:会場マップ内で一番目立たなく、回転率が高そうなトイレをチェックしておく

これは、かなり使えます。どこが、よく混んで、どこが空いているのかを把握しておくだけでかなりの時間短縮が望めそうだ。

2:ポケットティッシュは、常に持ち歩く

今は、備え付けのトイレットペーパーがあるが長い期間、開催するフェスやトイレの数が少ないフェスなどでは、回転が間に合わず”紙がない”という事態になりかねない。常に、ポケットティッシュを持ち歩くことをおすすめしたい。

3:数台並んでいるトイレスペースの場合は、一番奥を使用する

これは、電車の駅のホームの法則。人は、楽をしたがるので手前や真ん中に集中して、混みます。一番端にあるトイレことが、黄金の”回転率No.1トイレ”である。

4:アーティストが出演しているタイミングに行く

これは、マストなアイデアかな。アーティストの演奏中と、演奏していない時を比べると遥かに演奏している時の方がトイレはすきます。あまり興味のないアクトの時などになるべく用をたしておくおうに心がけましょう。

5:ビールで酔うのはやめる

これは賛否両論かな。ワインや焼酎などのアルコール度数の高いものをちびちび飲んで酔えば、体内の水分量も調節できる。。。。。かも。

その他野外フェスの情報やフェスを探すなら、野外フェス情報ポータルサイトFestivalLife

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。