1. コミュニケーション
    2. 「モノマネしろ」とムチャ振りされたら

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「モノマネしろ」とムチャ振りされたら

    飲み会ではムチャ振りが多い

    合コンなど、酒の席では一発ギャグをやらされる機会が多いと思います。 そして、その多くはスベって、微妙な空気に……。そうならないためにも、1つモノマネのレパートリーを持っておくと良いでしょう。

    芸人の持ちギャグのモノマネの多くはスベる

    芸人さんのネタは、芸人さんがやるから面白いわけであって、素人がやってもウケません。それがプロと素人の違いです。また、旬があるので、すぐ使えなくなるのが難点。

    オススメは「細かすぎて伝わりづらいモノマネ」

    同世代の飲み会なら、昔のアニメなど「懐かしい」モノマネ。主役ではなく、サブキャラクターだと尚良いです。

    みんなの記憶が適度に曖昧になっているので、雰囲気さえ伝われば、なんとなく似て見えます。たとえそれが全然似ていなかったとしても、「懐かしい」にすり替わって思い出話に花が咲くので問題はありません。あなたは会を盛り上げた人として、その日のMVPに選ばれるでしょう。

    腕に自信があるなら

    モノを擬人化して、その気持ちを全身で表現します。 「鼻毛を切らされようとしているハサミ」や、「脂まみれの肌をふいているハンカチ」など、モノに危機が訪れているシチュエーションのほうが盛り上がりやすいようです。

    「似てる・似てない」軸にない芸なので、オリジナリティが評価されます。

    同じ会社内や、サークル内の飲み会なら

    その場にいなくて、少し嫌われている人をターゲットに選んで、ちょっとした仕草や、口癖を真似ます。お酒の席での毒のある笑いは、大いに場を盛り上げるでしょう。

    一般的にはどうかはおいておいて、「共通の有名人」を真似る

    会社、学校、ネットの友達。とにかく何かしら「共通の有名人」がいればその人のモノマネは比較的ウケます。上司や先生、アルファブロガーの口癖など。

    狭い世界であればあるほど、身内ウケはする傾向があります

    似ていたほうがいいの?

    モノマネは上手に似せる必要なんてありません。 モノマネをブリッジに、【会を盛りあげる】という視点で選びましょう。

    (Photo by http://www.ashinari.com/2008/11/22-010421.php)

    関連ライフレシピ

    • [https://nanapi.jp/ja/637]
    • [https://nanapi.jp/ja/218]
    このライフレシピを書いた人