\ フォローしてね /

料理を見栄え良くお皿に盛りつけるためのコツ

はじめに

「料理は味で勝負!」ということも確かですが、美味しい料理を見栄え良く盛りつければ視覚と味覚の両方で味わうことができるので、より一層美味しさが増します。

そこで今回は、料理を見栄え良くお皿に盛りつけるために心がけたいポイントを具体的にご紹介します。

料理をより素敵に盛りつけるコツ

パスタの場合

パスタはお皿の真ん中に高さを出して盛りつけると大変美しく見えます。そのためにぜひ使っていただきたいツールがトングです。トングで適量のパスタをつかみ、くるっと手首を回転させてお皿の真ん中に盛ってください。

デパートのキッチンツール売り場や雑貨屋さんには写真のようなステンレス製のものやシリコン製のものなど、様々な材質や形状のトングが販売されていますので、自分の手に合った使いやすいものを選んで使用してみてください。

丸いお皿や大きなお皿になかなか上手に盛りつけられない場合は、裏技として上の写真のような少し細長くて深さのあるお皿を使うと、真ん中を高くしやすいので試してみてください。

彩りを考える

見栄え良く盛りつけるためにはもう一つ大切なポイントがあります。それは彩りをよく考えて盛りつけるということです。上の写真を参考にしていただくと分かるように、赤と緑など配色を考えるだけで料理は素敵に見えます。

別の例としてこの写真のように茶色や黒がメインの色の場合、白髪ネギや青味のネギ・シソなどを上から載せるだけでかなり印象が変わってきます。

種類にこだわらずに家にあるもので彩りをプラスしましょう。ネギやシソ以外にも水菜やカイワレ大根なども緑色が綺麗でしかも生のまま食べることができますので、和食洋食問わず使えておすすめです。

おわりに

どんなに味が良くても見た目が「がさっ」としていては美味しさが半減してしまいます。ほんの少しの気遣いと一つの手間で料理の見栄えをよくすることができますので、ぜひ試してみてくださいね。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。