1. 暮らし
    2. 身近なものから始めるプチ断捨離のやり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    身近なものから始めるプチ断捨離のやり方

    このライフレシピのもくじたたむ

    はじめに

    今流行りの「断捨離」は物を大事にする、無駄なものを処分する、大切なものを選択するという大変いい考え方ですね。

    でも何からどうすればいいのかと考えるとなかなか実践しにくいものですね。だからこそ断捨離が必要なのですね。今回は気負わずにできるプチ断捨離のやり方を紹介します。

    プチ断捨離のコツ

    家財道具全般を見ても無駄なもの、使っていないものはきっと膨大な数あるはず。慣れればどんどん捨てていけるのでしょうけれど、最初からは難しいですね。考える時間も必要になるかもしれません。

    もっと気軽にスタートしてみてはどうでしょうか。大きな所ではなく小さな範囲でやり始める事がコツです。

    財布の中

    財布はお金以外のものは入れない方がいいと言いますね。風水などでも常にお金が居心地のいいように余計なものは入れないと説いています。

    古いレシート、半年以上使わないポイントカード、今月中に行く予定のない店のクーポン券などは捨てるべし、です。

    取りあえず置いてるスペース

    あなたの部屋には「取りあえず置く場所」ってありませんか。どこにしまうかも決まらないけれど、すぐには捨てられない中途半端なものが固まっている場所。

    カゴや引き出しをそういうスペースにしている人も多いのでは?すぐに仕分けてしまいましょう。そこに1週間もあるのはもう不要なものでしょう。また、そういうスペース自体を作らないことも大事ですね。

    本・雑誌

    は財産だとする読書家の人もいるかもしれませんね。何度も読み返すこともあると思います。けれども本や雑誌はどんどん増えるものですね。何かの参考にと取っておいて参考にしたことありますか?

    大好きな作家やお気に入りの本は別として一度読んで多分もう読まないだろうという本、特に雑誌は処分してしまいましょう。きれいなものならリサイクルもできますね。

    ショップの袋

    何となく捨てられないものの上位にはいるショップの袋、これらは簡単に捨てられるものですね。よく使うという人は用途に合った大きさのもの以外は全部捨てましょう。

    数か月に1度くらい使うかな、程度なら大中小の3種類だけにしておきましょう。本当に必要になったとしても100円ショップにたくさんありますから。

    おわりに

    以上のような選択仕分けならテレビを見ながらでも音楽を聴きながらでもちゃっちゃとできますね。ほかにも自分で今日はここ、明日はこっちとできる範囲で少しずつやればいいわけです。

    一気にやろうとしないで少しずつプチ断捨離を続ければ数カ月後にはかなりすっきりしていると思いますよ。あとはところてん式に新しい物を買ったら古いものを捨てることにしましょう。

    このライフレシピを書いた人