\ フォローしてね /

東海道新幹線で電源のある席に座る方法

のぞみ号では、電源がついている席があります

東京大阪間を走る新幹線のうち、「のぞみ」号の中には、座席に電源コンセントがついているものがあります。2時間以上かかる移動ですから、できれば電源が使える座席の方がいいですよね。

N700系と呼ばれる車両で運行しているのぞみ号では、窓側の席に電源コンセントがついているので、指定席を取れば、ほぼ確実に電源を使うことができます。

一個古い型である700系ののぞみ号では、一番前と一番後ろの席だけコンセントがついています。でも、たまについていない車両もあるし、数も少ないので、700系で電源を使うのは、結構難しいです。

じゃあ、電源を確実に使えるN700系に乗るにはどうすればいいのでしょう?

一番簡単な方法

 緑の窓口に行って、指定席を買うときに、「電源のついている座席でお願いします」と言えば、窓口の人が適切な便と席を選んでくれます。
時刻表を見てN700系を探す方法もありますね。

券売機では?

 窓口ではなくて券売機で席を取る場合は、便を指定する画面に注目です。

今のところ、喫煙ルームがついているのはN700系だけなので、「喫煙ルーム」がついている新幹線の窓側席を指定すればばっちりです。

おまけ

こんなふうにタップを持ってきてくれていると、通路側の人も電源を使えるので、みんなハッピーになれます。できればご協力くださいませ。

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。