1. 暮らし
    2. 自宅の鍵をなくした時の対処法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    自宅の鍵をなくした時の対処法

    自宅の鍵をなくしてしまい、家に入れなくなった、あるいは外出しようにも施錠できない事態になったという経験はありませんか?

    いくら捜しても見つからないと焦りますね。もしも誰かに盗られていて、知らないうちに家に侵入されたら・・・と思うと、夜一睡もできないくらい大変な恐怖を味わうことになります。

    大事な鍵をなくした時、どのような対策をとったらいいのかをご紹介していきます。

    ポイント1:警察に届け出

    とにかくどこでなくしたか、落としたかを極力思い出すようにしてみましょう。同じところに居合わせた人、あるいは管理者さんなど、連絡できる人にはためらわず問い合わせることも必要です。

    そして最寄の交番で、鍵の紛失届を出しましょう。拾得物として届けられれば、本署の方で保管されます。

    ポイント2:スペアキーの有無を確かめる

    とにかく家に入れなくては大変ですね。自宅の場合は、スペアの鍵を手に届くところに置いていなかったか、今一度確認してみましょう。

    アパート・マンションの場合は、まず管理人さんに連絡しましょう。部屋に入れなかったら、鍵束のスペアを使ってあけてもらうことになります。

    その後は防犯対策のため、鍵・鍵穴とも当人負担で換えてもらうことになるでしょう。

    数万円の痛い負担になりますが、オートロックのマンションなどは、他の部屋にも被害が及ぶ可能性がありますので、管理人さんの指示に従うようにしましょう。

    ポイント3:直接業者に依頼

    ケータイのiタウンページか、公衆電話に設置されたタウンページには、鍵のトラブル専門の業者さんが幾つも名前を並べています。良さそうなのを探し出し、連絡してみましょう。

    解錠に8,000円以上、鍵の付け替えに10,000円以上はかかるようですが、その後の盗難被害のことを考えれば、必要経費かもしれません。

    おわりに

    そして今後は、そのようなことで困った時の備えとして、セキュリティ会社に各自が登録しておくのが、望ましいことですね。

    このライフレシピを書いた人